むね

漏斗胸

漏斗胸とは

漏斗胸
漏斗胸とはどのようなものですか?
漏斗胸は、胸の真ん中の部分がポコッとへこんでいる病気のことです。
どれくらいの頻度で起こるのですか?
頻度としては1,000人に1人の割合で小児に発現する胸の病気で、男児に多い傾向があります。
何か原因はありますか?
原因はまだはっきりとわかっていませんが、胸の部分の骨、軟骨の成長、形成に問題があるためではないかなどと考えられています。また、マルファン症候群、エラース・ダンロス症候群、ポーランド症候群などの先天異常症に合併することがあります。
どんな症状が出るのですか?
外観上軽い陥凹でも心臓・肺が圧迫を受けて反復する上気道感染、労作時の動悸・息切れ、胸の痛み等がみられることがあります。骨の問題ですので、身長が伸びている間は陥凹や症状が進行すると言われています。また、プールや温泉に出かけた時などに「恥ずかしい」と感じて、姿勢が悪くなったり、引っ込み思案になったりするような場合も重要な症状の一つです。
どうしたらいいの?
すでに明らかな症状が認められる場合、陥凹の進行が著しい場合は、一度外来を受診して検査を受けてください。
検査は何をするの?
漏斗胸の陥凹程度を調べるのにはまず
  • 胸部レントゲン(正面、側面)
を行います。この検査で治療が必要と思われるお子さんにはさらに、
  • 心電図(心圧迫による変化を検査)
  • 胸部CT*(心肺の圧迫・陥凹の精査)
  • 骨密度(骨の成長度を評価)
を行います。
*手術適応基準(ハラー指数)は胸部CTで定められていますので、治療が必要と思われるお子さんには必ずCT検査を行います。
治療はどうするの?
程度の軽いものに関しては全く治療が必要ない場合もありますが、漏斗胸は乳児期には軽度の陥凹ですが、幼年期、特に急激に身長が伸び始める思春期にかけて陥凹が進行します。そのため、治療を行う適切な時期を判断し、適切な対応が必要となります。検査を施行の上、治療が必要と判断された場合には思春期の成長期に達する前の7~9歳頃に手術を行います。この年齢を超えているお子さんも、症状に応じて手術時期を決定します。また、我々は小児心臓血管外科の先生方と伴に診療を行い、適切なタイミングで手術を行うように努めております。
手術はしないといけないの?
いろんな手術法がありますが、現在当科で行っている標準的な術式は、Nuss法というものです。金属の細長い板を胸の中に埋め込んで、胸の骨を内側から持ち上げることによって、凹みを治療しようというものです。金属の板は通常2年前後たった時点で、再び全身麻酔をかけて抜き取ります。要するに、骨折した時に添え木をして骨の形を整え、骨が十分な強度になったところで添え木をはずすのと同じような原理です。今までの手術と違い、両脇に2cmほどの痕がそれぞれつくだけで、胸の真ん中には傷跡が残りません。これまで大きな事故はありませんが、慎重を期するため、多施設と異なり必ず小児心臓血管外科の先生と一緒に手術を行うようにしています。また、金属挿入後の数日間は強い痛みを訴える事があります。疼痛管理として麻酔科・ペインクリニックの先生と一緒に痛みのコントロールを行っています。
手術をしたら退院はどれくらい?
個人差はありますが、入院期間は金属を入れる手術が7~10日程度、抜く手術が3~4日程度となっています。
手術したら大丈夫なの?
心臓、肺の圧迫が解除され、症状が無くなります。外観上も改善します。しかし、身長の変化などで再発してしまうことがあるため、術後は年に数回の外来受診や検査を行います。定期的に外来通院し適切な時期に検査を受けてください。また、バー挿入中は、バーのずれを予防するため行動・運動制限が必要になります。特に強い衝撃が予想されるような運動は禁止します。
保険適応なの?
漏斗胸は保険適応の病気です。18歳未満のお子さんの場合には、育成医療の適応になります。また、高額医療の適応にもなります。どの制度が適応になるかは、区市町村により異なりますので、お近くの区・市役所や保健所に問い合わせて御確認下さい。また、種々の制度にご不明な点に関して、当院では医療福祉相談室を開設しておりますので、御気軽にお立ち寄りください。
どこにかかればいいのですか?
当院では毎週木曜午前、漏斗胸外来を設けておりますので、陥凹や症状が軽い場合でもお気軽に外来を受診してください。メールでの問い合わせも常時受け付けております。

先天性な肺や縦隔の異常

  • 先天性嚢胞状腺腫様形成異常
  • 気管支嚢胞
  • 気胸
  • 肺分画症 など

胸郭内の腫瘍

  • 神経芽腫
  • 胸腺腫
  • 奇形腫
  • 肺芽腫 など

いずれの症例に関しても、手術が必要となります。ぜひご相談ください。

なにか心配なことがありましたら、順天堂医院小児外科・小児泌尿生殖器外科の外来にお越しください。