初めて当科外来を受診される方へ

主任教授 山高篤行の治療方針
この子が自分の子供なら、
どのように診断し、いかなる手術を選択し、どのように術後管理を行うかを考えていく・・・
それが私の治療方針です。

順天堂大学小児外科・小児泌尿生殖器外科は、1968年(昭和43年)4月、駿河敬次郎初代教授(現名誉教授)により、日本の医療機関の中で、初めての小児外科講座として誕生いたしました。以来、国内・外で小児外科治療のリーダーシップをとり続け、現在、小児外科学会認定指導医・専門医の6名を含む、合計 22名のスタッフのもと、診療・研究・教育に大きく貢献しております。また、当科はお子さまの術後の痛みの軽減・早期回復を配慮した低侵襲手術(腹腔鏡・胸腔鏡)などの小児最先端外科医療の拠点でもあります。

全国から患者さんが紹介され、年間手術総数は1300例以上と本邦最多となっております。赤ちゃんから中学生までのお子さまの、手術をしなければ治らない病気を、私どもの豊富な経験と優れた技術を用い、心を込めて、安全・確実に治療することが私ども小児外科医の使命であります。そのために、学会認定指導医のもと、日々、全ての患者さんについての病状検討を行い、治療方針を決めさせていただいております。

夜間・休日・祭日は、当直医の他に上記指導医を含む3人が常時待機していることから、救急患者さんに対しても、確実な診断・安全な治療を提供していると考えております。

当科は、小児科・思春期科、産科および関連診療科(脳神経外科、心臓血管外科、形成外科、眼科、耳鼻咽喉・頭頸科)とも密接な連携が取られていることから、幅広い領域に亘り、小児の手術治療を行うことが特徴であります。更に、手術症例数が豊富であることから、麻酔科医も、母体、新生児・小児麻酔に精通しており、極めて安全な麻酔が提供されております。

今後も、妊婦、母親、お子さまに手厚い治療を提供するために、スタッフ一同、誠意をもって努力し、皆さまのご期待にお応えしたいと考えております。

赤ちゃんから中学生までのお子さまの、手術しなければ治らない病気を治療するのが小児外科・小児泌尿生殖器外科です。当科では、主として下記疾患を治療します。
小児の

  1. 腹部消化器外科
  2. 頭頸部外科
  3. 肝・胆・膵外科
  4. 肺・縦隔外科
  5. 泌尿・生殖器外科
  6. 体表外科

しかし、お子さまによってみられる症状は様々です。このホームページで代表的な疾患を紹介させていただいておりますが、小児外科的な疾患は多岐にわたるため、掲載している疾患は残念ながらごく一部でしかありません。診察を受けていただかないと最終診断を下せない場合が殆どです。
小児外科学会認定専門医・認定医の充実した「小児外科・小児泌尿生殖器外科」の外来をぜひ受診ください。

当科は、年間手術数1,300件以上、新生児手術数75件以上と豊富な症例数が特徴です。なお、各疾患ごとの詳細とその診療実績については診療実績の項をご覧ください。

小児外科的疾患は成人になってからも経過観察が必要です。手術が必要になる場合もあり、このような場合は成人外科と協力して治療に当たりますのでご安心ください。成人外科病棟もあるため、患者さんを長期にわたり診察していくことが可能です。
当科では、心臓疾患・脳神経外科的疾患・整形外科的疾患を伴っていた場合は、当該科と密接な連携をとり、総合的・集学的に診療を行っています。

なお、初めて当科外来を受診する場合、紹介状をご持参ください。
紹介状が無い場合でも、外来受診は可能ですが、初診時選定療養費として別途自費にて5,400円(税込)を申し受けます。

また、外来医師のほとんどは海外留学の経験があるため、英語での対応も可能です。外国からお越しの方もご遠慮なさらずに外来へ受診してください。