初期研修プログラム

Ⅰ.研修目標

小児科医として必要な新生児~思春期に至るまでの診療知識・技能を修得し、かつgeneralistとして必要な知識を内科研修で身につける小児科専門医取得の準備期間として位置づけ、可能な限り多くの症例を実践のなかで経験する。

Ⅱ.研修内容

  1. 小児科医として将来の自身のキャリアイメージをし易い環境で、医師として生活がスタートできる様、教育体制の整った附属病院小児科より研修を開始し、基礎となる診療知識・技能を隔日に修練する。
  2. 救急科・関連クリニックにおいて小児を中心とした各種疾患に対する初期/救急対応を数多く経験する。
  3. 小児科医として必要な周産期(未熟児・新生児)医療を早期に経験し、新生児期の様々な兆候を診る目を養う。1年目の3ヵ月目には、新生児蘇生法(Neonatal Cardio-Pulmonary Resuscitation: NCPR)Aコースの受講をすることで、新生児医療の技術の習得が早期に可能となる。
  4. 2年目は、上記①②③により養った診療知識・技能に基づき、自主性を重視して、小児科医となることをより念頭に置いた研修となる。その上で、各人が考える将来のビジョンに合わせた関連科をチューターと相談し選択する。
  5. 必修の内科研修は、大学附属病院(本郷、浦安、練馬)の中から自由に選択でき、豊富な症例数のもとcommon diseaseから専門的診療まで幅広い研修を行う。
  6. その他:
    • 抄読会(医局抄読会、合同抄読会など)・講演会(お茶の水木曜会など)・勉強会(関連病院症例検討会、関連病院研究報告会など)への参加および発表。
    • 日本小児科学会、東京都地方会、日本小児科学会分科会(小児栄養消化器肝臓病学会、未熟児・新生児学会、小児循環器学会、小児血液・腫瘍学会、小児アレルギー学会、小児内分泌学会、小児神経学会、腎臓病学会など)などの関連学会への参加および発表。
    • 国際学会への参加および発表。

Ⅲ.小児科プログラム研修スケジュール

小児科プログラム
  • A 【 】:いずれかの場所を期間内で自由に選択可
  • B 関連クリニック:まえだ小児科医院、大塚医院、くれもとクリニック、保坂こどもクリニック
  • C その他の科:小児外科、産科、精神科、内科、救急、耳鼻科、皮膚科、眼科など全ての診療科

Ⅳ.小児科プログラム研修施設

  1. 順天堂医院
  2. 順天堂大学医学部附属静岡病院
  3. 順天堂大学医学部附属浦安病院
  4. 順天堂大学医学部附属練馬病院
  5. 埼玉小児医療センター(2ヵ月間)
  6. 越谷市立病院
  7. 東部地域病院
  8. 豊島病院
  9. 大塚医院
  10. まえだ小児科医院
  11. くれもとクリニック
  12. 保坂こどもクリニック