対象疾患

当診療科が診療対象としている疾患は、転移や再発を起こしたため薬物療法が主体となる悪性腫瘍(固形がん)です。近年様々な新しい抗がん剤や分子標的薬剤が開発され、治療成績の改善が見られますが、同時に様々な副作用も認められます。
腫瘍内科はがん薬物療法の専門科として、最大限の治療効果と最小限の副作用を心がけて院内他診療科と連携しながら治療に当たってまいります。