患者さんを紹介してくださる先生方へ

当科では、胃がん、食道胃接合部がん、胃粘膜下腫瘍、食道裂孔ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、鼠径ヘルニアなどに対する腹腔鏡手術を行っております。当科は胃がん腹腔鏡手術のパイオニアである福永哲教授のもと2015年5月に新しく誕生した講座です。福永教授は1994年、時代に先駆けて腹腔鏡手術を開始され、日本の胃がん治療、特に腹腔鏡下胃切除術をリードしてきました。現在まで約1500件の腹腔鏡下胃切除術の経験があり、その経験に基づき早期癌だけではなく進行癌に対しても、「根治性」と「安全性」を重視した「低侵襲な」腹腔鏡手術を積極的に行っています。また技術的に難しいとされる腹腔鏡下胃全摘術や近年増加している食道胃接合部癌に対する腹腔鏡(±胸腔鏡)手術を行っています。

また根治性の向上をめざし、術前に広範囲なリンパ節転移のある進行胃がんでは、まず術前化学療法を行いその後に腹腔鏡手術を行います。さらに当初Stage IVで手術の対象ではなかった方が、強力な化学療法によって非治癒因子が無くなり手術となる症例もあり、このようなConversion Surgeryについても腹腔鏡手術を導入しています。

また以前開腹手術を受けた患者さんでは癒着のため腹腔鏡手術が困難とされていますが、当科ではそのような患者さん(残胃全摘症例などを含め)にも積極的に腹腔鏡手術を行っています。まだ新しい講座ではございますが教室員全員一丸となり日々誠心誠意患者さんの診療にあたっております。