糖尿病患者会「お茶の水会」のご案内

財団法人日本糖尿病協会は、糖尿病に関する啓蒙、患者さんへの支援、治療や予防法の普及などの活動を行っており、患者さん、医師、歯科医師、コメディカルスタッフなどが協力して会を運営しています。各医療機関で組織されている糖尿病の患者会が、糖尿病「友の会」であり、日本糖尿病協会は、その活動を支援しています。

「お茶の水会」は順天堂大学における糖尿病「友の会」です。順天堂大学の附属病院に通院されている糖尿病患者さんとそのご家族がご入会いただけます。医療スタッフも参加し、より良い治療や充実した生活が送れるための手がかりが得られるよう様々な情報提供を行っています。患者さん同士や医療スタッフとの交流を通じて、糖尿病のことを更によく知り、日常生活において、血糖を管理するための工夫などを相談する場を設けさせていただいています。

糖尿病は、ご自身の生活習慣に深く関わっています。本会は、患者さん同士や医療スタッフとともに正しい糖尿病の知識を持ちながら、楽しく人生を送っていただくためにあります。興味のある方は、医療スタッフまでお気軽にお声がけ下さい。皆様の御入会をお待ちしています。

*1型糖尿病の方は、「1型友の会」のホームページも併せてご覧ください。

<次のような方は是非ともご入会ください>

  • 糖尿病についてもっと知りたい方
  • 糖尿病や合併症のことで1人で悩んでいる方
  • 食事、運動療法の進め方をもっと知りたい方
  • 糖尿病の薬のことをもっと知りたい方

御入会の対象となる方

  • 順天堂大学附属病院に通院中の糖尿病患者さんとその御家族

*1型糖尿病の方は、お茶の水会の分科会である「1型友の会」をご案内しています。

活動内容

患者会の茶話会(年に3~4回)、糖尿病勉強会(年に1~2回)、糖尿病宅配食の試食会、歩く会などを行っています。

配布物について

お茶の水会に入会すると日本糖尿病協会の協会員として登録され、協会が発行する糖尿病雑誌「さかえ」が配布されます。糖尿病患者さん、医師、看護師、薬剤師、理学療法士などが寄稿し、様々な話題を提供しています。糖尿病の治療に、是非、お役立てください。

年会費

  • ① 3,600円(さかえ隔月2冊送付)
  • ② 4,400円(さかえ毎月1冊送付)
  • * 家族会員 1,200円

お茶の水会は4月の入会を起点とし、年ごとの更新制です。
また、10月に途中入会(半期会員)も受け付けています。

問い合わせ先

お茶の水会への入会をご希望される方は、糖尿病・内分泌内科の医師、または当院2階2A糖尿病・内分泌内科外来の看護師に声をお掛けください。

お茶の水会事務局
順天堂大学医学附属順天堂医院
糖尿病・内分泌内科学講座内
TEL:03(3813)3111(大代表)
受付:平日9時~17時