患者さんへのご挨拶

臨床研究・治験センター長挨拶

田村 直人(膠原病・リウマチ内科教授)

田村直人

さまざまな疾患の治療や予防に役立つ医薬品・医療機器を開発することは大学病院の大切な使命です。
優れた医薬品・医療機器の開発には、細胞や動物を用いてそれらの有効性と安全性を評価した後に、ヒトで有効性と安全性を評価すること(治験)が必要です。
医薬品や医療機器の臨床試験(治験)の実施に関する基準はGCP (Good Clinical Practice)省令として厚生労働省は定めており、医薬品・医療機器の臨床試験はこの基準をもとに実施されています。
順天堂医院は臨床研究中核病院相当の臨床試験実施機能を有しており、当センターの経験豊富な事務局員、臨床研究コーディネーター(CRC)の支援のもと、これまでに多くの治験を患者さんとご家族のご協力で行い、新しい医薬品・医療機器が誕生しました。 また、海外の医療機関とともにグローバル国際共同治験を積極的に行い、国際的な医薬品・医療機器の創生に貢献しています。
当センターでは、治験にご参加いただく患者さんやご家族へのケアを最優先に考え、GCP省令を遵守した適正かつ円滑な治験を推進するために日々活動しています。
当院で実施した治験により一つでも多くの医薬品・医療機器が利用できるようになり、患者さんへの大きな福音となることを願っています。