ご面会されるみなさまへのお願い

以下の方は面会をご遠慮ください

入院患者さんの健康をお守りするため、以下の症状がある方の面会は、ご遠慮ください。

以下の方は面会をご遠慮ください
  • 熱がある(38度以上)
  • 鼻水
  • 吐き気、嘔吐
  • 下痢
  • 目の充血
  • 全身倦怠感(体がだるい)

その他

  • 15歳未満のお子さま

ご面会されるみなさまへのお願い

入院患者さんを感染から守るため、以下の点をお守りください。

  • 面会時の体調チェック
    面会時は、病院の入り口にお立ち寄りいただき、面会票で上記症状の有無をチェックしてください。病棟受付で職員が面会票を確認後、入室となります。
    面会票
  • 手指衛生のお願い
    患者さん、ご面会の方、職員を感染症から守るために、手指衛生(手洗い)の励行をお願いしております。
    職員は、世界保健機構(WHO)の推奨する『手指衛生が必要な5つの場面』に則り、手指衛生を徹底しております。

    『手指衛生が必要な5つの場面』

    手指衛生が必要な5つの場面

    WHO 手指衛生ガイドラインより

    『手指衛生(手洗い)の方法』

    手指衛生(手洗い)の方法
    どちらも優れた手指衛生(手洗い)方法です。院内の備品や設備をご自由にお使いください。トイレの後、食事の前、口周囲を押さえた後などに手指衛生(手洗い)を行いましょう。
  • 面会時の植物の持ち込みついて
    • 院内への鉢植えの持ち込みはご遠慮ください。
      鉢植えの土には、抵抗力の低下した患者さんにとって有害な真菌(カビ)が混入している場合があります。
    • 以下のエリアへの生花の持ち込みはご遠慮ください。
      集中治療室、無菌病棟、血液内科病棟、抵抗力が低下した患者さんの隔離病室
      なお、生花の手入れについては、感染対策上、病院職員は行えませんのでご家族・面会の方でお願いいたします。
      • 花瓶の水は毎日交換してください。
      • しおれたら速やかに廃棄してください。
      鉢植えの持ち込みはご遠慮ください