患者さんへのご挨拶

順天堂医院 輸血・セルプロセシング室の沿革

教授 大坂 顯通
教授 大坂 顯通

1965年他の医療施設に先駆けて、順天堂医院に初めて輸血室が設置されました。1980年順天堂大学医学部に輸血学研究室が開設され、初代教授として湯浅晋治が就任し、赤血球凍結保存による自己血輸血の発展に寄与しました。2000年8月第2代教授として大坂顯通が就任した後、これまでの輸血室業務を一から見直し、最新のコンピュータ管理システムや自動輸血検査機器、そしてバーコード輸血照合システム等を導入して、ヒューマンエラーによる取違え輸血(過誤輸血)の防止に積極的に取り組んでいます。