職員における新型コロナウイルス感染症の発生のご報告(更新日:6月27日)

患者さんへ

 6月26日夕方に、病棟の看護職員が新型コロナウイルス感染症を発病いたしました。院外で感染したと推定されていますが、詳細は現在調査中です。当該看護師は院内規則に従い、常にマスクを着用しておりましたので、厚生労働省の定める濃厚接触者に該当する患者さんはいらっしゃいませんでした。
 万が一に備え、軽微な接触の機会があった患者さんについては、別の病棟に移動いただき、全員にPCR検査を実施しております。また、接触の機会がなかった患者さんについても、ご希望があった方についてはPCR検査を実施しております。さらに、すでに退院された患者さんについては、ご案内を郵送し適切な対応に努めております。
 なお、当該病棟に出入りするすべての職員に対して、PCR検査を実施中です。続報については、適宜お伝えする予定です。

順天堂医院院長 髙橋和久
感染対策室長 堀  賢