循環器内科

植え込み型ループ心電計による失神の精査

循環器内科 関田 学

失神とは、脳の一時的な血流低下による意識消失発作のことです。失神の原因は幅が広いですが、心血管系因子による失神は生命予後が悪く、突然死につながる恐れがあるため、原因を突き止め適切な治療を行う必要があります。
しかし、基礎心疾患のない例では、通常の心電図で異常がみつかることは稀で、24時間心電図記録(ホルター心電図検査)を繰り返し行っても、症状もなく異常を捉えられないことが圧倒的に多いというのが実情です。
植え込み型ループ心電計は、長期間(最長3年間)にわたり心臓の拍動を常に監視し、不整脈や失神などの症状が起きたときの心電図を記録する装置です。心拍リズムに乱れが生じると、自動的に心電図が記録されます。また、専用の携帯型リモコン装置を使って、任意のタイミングで心電図を記録することもできます。手術は局所麻酔で、2cm程度の皮膚切開を含む簡単なもので、胸部の皮下に挿入して使用しますが、診断ができ、必要なくなれば体外に取り出します。なお、植え込み中にMRI撮影(条件付き)を行うことは可能です。

図)ループレコーダーの植え込み位置とサイズ感
現在のループレコーダーのサイズは約5×2 cm程度ですが、今後はさらに小さなサイズのレコーダーが国内で使用可能になる見込みです。
図)ループレコーダーの植え込み位置とサイズ感
現在のループレコーダーのサイズは約5×2 cm程度ですが、今後はさらに小さなサイズのレコーダーが国内で使用可能になる見込みです。

関連リンク