上部消化管外科

服部 友香

服部 友香
大学院生 入局7年目・卒後9年目/平成17年 順天堂大学卒

帰っていないんじゃないか? と思うほど深夜までずっといて患者さんの傍にいて、それでも楽しそうに仕事していて興味を持ちました。
何年も同じ患者さんに接して、親身になれる。
きれいな手術を見て、きれいな手術をできるようになりたい方はぜひ!

インタビュー動画を見る

北野 裕巳

北野 裕巳
大学院生 入局6年目・卒後8年目/平成18年 帝京大学卒

大変な分「学び、得られるもの」が大きい!
他大学から来た人でもフレンドリーで雰囲気がよい。やる気がある人に応えてくれる。
検査・手術、術後の抗癌剤・放射線もすべて診ることができる点が魅力的。

インタビュー動画を見る

下部消化管外科

高橋 里奈

高橋 里奈
助手 入局2年目・卒後7年目/平成19年 獨協大学卒

男性医師・男性患者が多い印象の科に女医がいることで、女性患者さんが受診しやすくしたい。
いろんな先生がいて多彩な方法を学べ「手技の幅」が広がる。
「陽性疾患」「悪性疾患」見る診療の幅が広いことが魅力

インタビュー動画を見る

本庄 薫平

本庄 薫平
大学院生 入局1年目・卒後6年目/平成20年 東海大学卒

外来・手術・退院という全体のマネジメントが学べてよかった。
腹腔鏡手術・消化管手術の症例が多種あることが魅力。
少しでも外科に興味があれば見学に!

インタビュー動画を見る


肝胆膵外科

塚田 暁

塚田 暁
助教 入局11年目・卒後13年目/平成13年 順天堂大学卒

難易度の高い手術、生体肝移植・脳死肝移植を行なっていることが魅力。
後期研修は手術助手として入り学び、その後実際に手技ができるようになる。
10年前(私の時代)は見て覚えたが、今は説明してしっかり教えています。

インタビュー動画を見る

中山 祥未

中山 祥未
助手 入局9年目・卒後11年目/平成15年 杏林大学卒

「家庭×外科医」の両立が可能であること私が見せます!
専門性を突き詰めたいなら「大学病院」「大学院」がお薦め。
いい意味で変な上下関係がなく、自分の意見を発言しやすい。

女性外科医を支援します

乳腺・内分泌外科

毛利 かの子

毛利 かの子
助教 入局8年目・卒後10年目/平成16年 順天堂大学卒

外病院で手技を早く学ぶか大学か迷ったが「10年以上経ったら同じ経験になるよ」と言われ、先に知識を得るため・研究のため大学に残った。
仲間として接してくれて、また晩くまで手術・研究を行なっていることをかっこいいと思った。
乳腺の病気は患者さんの人生と同じ所にあり、医者として考えさせられることにやりがいを感じる。

インタビュー動画を見る

魚森 俊喬

魚森 俊喬
大学院生 入局3年目・卒後8年目/平成18年 浜松医科大学卒

女性は家庭のこともしながら、男性は好きなスポーツに時間を使いながら仕事にも没頭できる環境あり!
バリバリやりたい人から、じっくり勉強・研究したい人。仕事がしやすい環境を追求し作られている。
癌プロフェショナルコースで「抗癌剤の勉強」ができることが魅力的だった。

インタビュー動画を見る

岩間 敬子

岩間 敬子
助手 入局1年目・卒後4年目/平成22年 千葉大学卒

研修2年目の10月「乳がんをやりたい!」と乳腺センターが独立している順天堂大学に後期から入りました。
乳がんの患者さんを総合的に見れる医者になりたい。
外科8科合同の「入局説明会」に参加して決断しました。

インタビュー動画を見る

心臓血管外科

中西 啓介

中西 啓介
大学院生 入局4年目・卒後6年目/平成20年 順天堂大学卒

小児のチアノーゼで10時間に及ぶ手術の後、ご両親に「(これで)大人になれますよ」と言う先生に憧れた。
研修医時代に描いた青写真はあまかった現実にぶつかる。その後、患者さんとの深い関わりあいに充実する。
常に一番お手本になる教授がいる。患者さんへ対する姿勢に学ぶことが多い。

インタビュー動画を見る

遠藤大介

遠藤 大介
大学院生 入局1年目・卒後4年目/平成20年 筑波大学卒

入局理由は「心臓の症例数」が多いこと
勢いのある明るい雰囲気に惹かれた!
天野教授の真摯な姿勢を、周りの皆が共有している。

インタビュー動画を見る

呼吸器外科

内田 真介

内田 真介
大学院生 入局3年目・卒後5年目/平成21年 順天堂大学卒

第一印象「熱い医局だ!」 鈴木教授はじめ皆さんが、臨床・研究・教育すべてに熱心!
全身を診れる科に興味があり、術後患者さんの立ち上がり・治りが早いことに感激を覚えた。
近隣と連携が太く多彩な研究ができる。肺がんはもちろん画像の診断、合併症に関しても。

インタビュー動画を見る

舘 良輔

舘 良輔
大学院生 入局1年目・卒後3年目/平成23年 岩手医科大学卒

一発逆転できる! 患者さんの死に直結する科、一気に状態をよくする可能性が大きいことが魅力。
チームに分かれ、週3回手術の日があり、密度が濃い。
鈴木教授の熱意に惹かれた。下克上と規律あり!

インタビュー動画を見る

小児外科

瀬尾 尚吾

瀬尾 尚吾
大学院生 入局4年目・卒後6年目/平成20年 聖マリアンナ医科大学卒

半分が他の大学出身で、垣根はない。
始めは「子供相手は大変だなー」と思いましたが、
手術によって子供が普通に過ごせるようになったときの感動が最大の魅力です!

インタビュー動画を見る


中村 弘樹

中村 弘樹
大学院生 入局4年目・卒後6年目/平成20年 日本大学卒

エネルギッシュに、世界に向けて発信するパワーがある。
症例の多さ、臨床と学術をバランスよくできることが魅力。
多くの刺激がある。私は「胆道閉鎖症」の研究を選びました。

インタビュー動画を見る

※入局年数はインタビュー(2013年7月)時点

s

消化器外科 入局3年間共通
  • 上部消化管外科
  • 下部消化管外科
  • 肝胆膵外科
  • 消化器・低侵襲外科
  • 乳腺・内分泌外科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 小児外科