2)連携施設

越谷市立病院

認定基準
【整備基準 23】
1) 専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です。
  • 研修に必要な図書室、インターネット環境があります。
  • メンタルストレスに対しての相談窓口(院外相談員)があります。
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように更衣室,当直室が整備されています。
  • 敷地内に院内保育所があり,利用可能です。
認定基準
【整備基準 23】
2) 専門研修プログラムの環境
  • 指導医は3名在籍しています。
  • 内科専門研修プログラム管理委員会を設置する予定であり,基幹施設,連携施設に設置されている各研修委員会との連携を図ります。
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(各年2回程度)しています。
  • 臨床病理検討会(CPC)を定期的に開催(2016年度実績3回)します。
  • 地域参加型のカンファレンスは各領域ごとに参加しています。
  • JMECCを年1回開催(2016年度開催実績1回:受講者は初期研修医5名)する予定であり、専攻医にも希望に応じて参加機会を与える予定です。
認定基準
【整備基準 23/31】
3) 診療経験の環境
  • カリキュラムに示す内科領域13分野のうち12分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています(上記)。
  • 70疾患群のうち血液内科を除く疾患群について研修できます。
  • 専門研修に必要な剖検(直近3年間の平均5.3体)を行っています.
認定基準
【整備基準 23】
4) 学術活動の環境
  • 臨床研究に必要な図書室を整備しています.
  • 倫理委員会を設置し,定期的に開催しています.
  • 治験管理室は委託業者に外注しており、委託業者にて治験審査委員会を実施しています.
  • 各専門分野における講演会あるいは同地方会にてそれぞれ学会発表をしています.
指導責任者 家永 浩樹
【内科専攻医へのメッセージ】
当院は埼玉県東部地区の中心的な病院のひとつであり、順天堂医院を基幹施設とする連携病院です。
急性期の受け入れを積極的に行っています。個々の入院患者さんの担当医として診療にあたる他、外来も担当することにより初診から終末期に至るまで一貫した研修を行えます。
指導医数&
各科専門医数
(常勤医)
日本内科学会指導医3名,日本内科学会総合内科専門医4名
日本消化器病学会消化器専門医3名,日本循環器学会循環器専門医4名,
日本糖尿病学会専門医1名,日本腎臓病学会専門医0名,
日本呼吸器学会呼吸器専門医2名,日本血液学会血液専門医0名,
日本神経学会神経内科専門医2名,日本アレルギー学会専門医(内科)0名,
日本リウマチ学会専門医0名,日本感染症学会専門医0名,
日本内分泌学会専門医0名
外来・入院患者数 内科外来患者6,778名(1ヶ月平均延べ数)
内科入院患者226名(1ヶ月平均新入院患者数)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある症例を幅広く経験することができます(血液内科を除く)。
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます(血液内科を除く)。
経験できる地域医療・診療連携 急性期医療だけでなく,超高齢社会に対応した地域に根ざした医療,病診・病病連携なども経験できます。
認定施設
(内科系)
日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本消化器病学会専門医制度認定施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本呼吸器学会認定施設
日本神経学会准教育関連施設
日本呼吸器内視鏡学会専門医認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
など