2)連携施設

公益財団法人 がん研究会有明病院

認定基準
【整備基準 23】
1) 専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • 常勤医師として労務環境が保障されています.
  • メンタルストレスに適切に対処する部署(相談窓口)があります.
  • ハラスメントに対応する委員会が整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,仮眠室,シャワー室,当直室が整備されています.
  • 近隣に複数の保育施設があります.また、福利厚生サービス(ベネフィットステーション)に加入しており、通常よりも割安に施設を探すことができます.
認定基準
【整備基準 23】
2) 専門研修プログラムの環境
  • 指導医が30名在籍しています.
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(各複数回開催また研修開始時は必須)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンス(2017年度予定)を定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンスを定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準 23/31】
3) 診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野のうち,5の分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準 23】
4) 学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表を予定しています.
指導責任者 照井康仁
【内科専攻医へのメッセージ】
当院はがん専門病院でありますが、血液領域、消化器領域、呼吸器領域の悪性腫瘍のみならず、総合内科や感染症領域の研修が可能です。症例数が豊富であり、優秀な指導医も揃っていますので是非当院での研修を選択してください。
指導医数&
各科専門医数
(常勤医)
日本内科学会指導医30名,日本内科学会総合内科専門医16名
ほか
外来・入院患者数 内科外来患者33,385名(1ヶ月平均) 内科入院患者18,183名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある5領域,15疾患群の症例を幅広く経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
経験できる地域医療・診療連携 超高齢社会に対応した地域に根ざした医療,病診・病病連携なども経験できます.
認定施設
(内科系)
日本臨床腫瘍学会認定研修施設
日本内分泌甲状腺外科学会認定医専門医施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
日本血液学会認定研修施設
日本大腸肛門病学会専門医修練施設
日本感染症学会認定研修施設
日本消化器病学会認定施設
日本内科学会認定医制度教育施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本緩和医療学会専門医認定制度認定研修施設
日本呼吸器学会認定施設
日本呼吸器内視鏡学会認定施設
日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設
など