2)連携施設

国立国際医療研究センター病院

認定基準
【整備基準 23】
1) 専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • 国立研究開発法人非常勤医師として労務環境が保障されています.
  • メンタルストレスに適切に対処する部署(人事部労務管理室長担当)があります.
  • 「セクシュアル・ハラスメントの防止等に関する規程」が定められており、ハラスメント防止対策委員会も院内に整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,仮眠室,当直室などが整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり,利用可能です.
認定基準
【整備基準 23】
2) 専門研修プログラムの環境
  • 内科学会指導医は53名在籍しています(下記).
  • 内科専門研修プログラム管理委員会(統括責任者(診療科長),プログラム管理者(診療医長)(ともに総合内科専門医かつ指導医);専門医研修プログラム・ワーキンググループから 2016年度中に移行予定)にて,基幹施設,連携施設に設置されている研修委員会との連携を図ります.
  • 基幹施設内において研修する専攻医の研修を管理する内科専門研修委員会(2016年度中に設置予定)と医療教育部(2015年度現在設置済)を設置します.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 6回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンス(内科・総合診療科・救急)を定期的に主催(2017年度予定)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績 8回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(糖尿病週間・世界糖尿病デー市民公開講座,新宿区練馬区合同消化器カンファレンス,城西循環器研究会,若松河田呼吸器研究会,吸入指導勉強会など;2014年度実績 21回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • プログラムに所属する全専攻医に JMECC 受講(2015年度開催実績 1回:受講者6名)を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 日本専門医機構による施設実地調査に臨床研修センター(予定)が対応します.
認定基準
【整備基準 23/31】
3) 診療経験の環境
  • カリキュラムに示す内科領域13分野のうち全分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています(上記).
  • 70 疾患群のうちほぼ全疾患群(少なくても 35 以上の疾患群)について研修できます(上記).
  • 専門研修に必要な剖検(2014年実績40体,2013年43体)を行っています.
認定基準
【整備基準 23】
4) 学術活動の環境
  • 臨床研究に必要な図書室,写真室などを整備しています.
  • 倫理委員会を設置し,定期的に開催(2014年度実績 16回)しています.
  • 治験管理室を設置し,定期的に受託研究審査会を開催(2014年度実績 12回)しています.
  • 日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計10演題以上の学会発表(2014年度実績 10演題)をしています.
指導責任者 廣井透雄
【内科専攻医へのメッセージ】
充実した卒後2年間の臨床研修を終え、内科専門研修に入る皆さんにとって、医師として成長する上でも専門医を目指す上でも専門研修の3年間は臨床研修の2年間以上に重要な期間と思われます。さらに多くの症例を経験し、深く学習し、種々の技術を習得するとともに、基幹施設である当院を離れて様々な役割を果たしている地域の医療機関で働くことは生涯の大きな財産となることでしょう。指導医の下ではあっても自分で判断し、行動し、ナショナルセンター、地域の病院、海外の病院などで多彩な経験を積んで、立派な専門医となり、日本と世界の医療に貢献できる医師に成長して頂けたらと考えております。
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医 52名,日本内科学会総合内科専門医 28名
日本消化器病学会専門医10名,日本肝臓学会専門医4名,
日本循環器学会専門医8名,日本内分泌学会専門医2名,
日本糖尿病学会専門医3 名,日本腎臓学会専門医 2 名,
日本呼吸器学会専門医9名,日本血液学会専門医6名,日本神経学会専門医3名,
日本アレルギー学会専門医4名,日本リウマチ学会専門医6名,
日本感染症学会専門医9名,日本老年医学会専門医0名,
日本救急医学会専門医7名
外来・入院患者数 内科外来患者36,076名(1ヶ月平均)
内科入院患者   572名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある 13 分野,70 疾患群の症例を幅広く経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
経験できる地域医療・診療連携 急性期医療だけでなく,超高齢社会に対応した地域に根ざした医療,病診・病病連携なども経験できます.
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会認定医制度教育病院
日本消化器病学会認定施設
日本肝臓学会認定施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設
日本糖尿病学会認定教育施設
日本腎臓学会認定研修施設
日本呼吸器学会認定施設
日本血液学会認定研修施設
日本神経学会教育認定施設
日本アレルギー学会認定教育施設
日本リウマチ学会教育施設
日本感染症学会認定研修施設
日本救急医学会救急科専門医指定施設
日本輸血学会認定医制度指定施設
日本透析医学会専門医制度認定施設
骨髄移植推進財団非血縁者間骨髄採取・移植認定施設
日本静脈経腸栄養学会実地修練認定教育施設
日本消化器内視鏡学会認定専門医制度認定指導施設
日本超音波医学会認定超音波専門医研修指定施設
日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設
日本リハビリテーション医学会認定研修施設
日本集中治療医学会認定専門医研修施設
日本ペインクリニック学会認定医資格指定研修施設
日本輸血細胞治療学会認定医制度指定施設
日本栄養療法推進協議会NST稼働認定施設
日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設認定
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本臨床腫瘍学会認定研修施設
日本輸血細胞治療学会認定医制度指定施設認定
日本呼吸器内視鏡学会専門医認定施設
日本高血圧学会専門医認定施設
など