多血小板血漿(PRP)による治療について

整形外科・スポーツ診療科

多血小板血漿(PRP)による治療とは

指や手を切ってしまったとき、傷が塞がりカサブタが出来て、やがて元通りに治ったご経験があると思います。実は、この一連の治癒過程には、血液の中に含まれる"血小板"が重要な役割を果たしております。そのため、血小板が少ない方では血が止まりにくく傷の治りも遅くなります。また、打撲や捻挫をした時には、怪我した部分が腫れることがあると思いますが、この腫れは皮膚の下で出血したことによるものです。打撲や捻挫でも、皮膚を切った時と同じように、血小板から傷んだ組織の修復を促進する物質(成長因子)が供給され、傷んだ組織を元通りに直そうとする自己治癒機転が働いています。

PRP療法は、この"自分で自分を治す力(自己治癒力)"をサポートする治療法として、ヨーロッパやアメリカでは頻繁に行われている治療法です。自分の血液を約20㏄とり、特殊な技術を用いて血液中の血小板が多く含まれる部分のみを抽出し、自己PRPを作成します。このPRP中には、成長因子が豊富に含まれますので、これを自分の身体の傷んだ部分に注射すると、その部分の組織の修復が促進され、"早期治癒"や"疼痛の軽減"効果をもたらします。

多血小板血漿(PRP)治療が効果的な疾患

ひざの変形

例えば、"ひざの変形"で悩んでいる方は、PRP療法の良い適応です。変形性関節症では、変形の進行に伴い、軟骨がすり減ったり、半月板が傷んだり、炎症が起きてひざに水がたまったりします。PRPは、こうした組織の修復を促したり、関節の炎症を抑制したりする効果があります。これまでは、変形性関節症の方に対する薬物療法としては、痛み止めの内服やヒアルロン酸の注射などを行ってきましたが、こうした既存の治療が無効であった方の中にも、PRPを関節に注射することにより痛みが取れる方がいることが分かりました。また、PRPは自分の血液ですので、薬物のように副作用を起こすことは滅多にないというのも、この治療が欧米でも広く支持されている理由の一つです。当院では、これまでに約100例の変形性関節症の方にPRP療法を行っておりますが、特に副作用は認められず、良好な臨床成績が得られております。

スポーツ外傷・障害

次に多くのPRP療法を行っているのは、スポーツ外傷・障害に対してです。スポーツをする方は、"少しでも早い復帰"を望みます。そうした要望に応えるため、当院では靭帯損傷・肉離れ・腱炎などに対してPRP療法を行っております。また、これまでいろいろな治療を試してきたがなかなか良くならない"難治性"の外傷・障害の治療としてPRP療法を希望なさって来院する方も多くみられます。このような方は、治るはずの組織が治りにくい環境になってしまっているため、そこに血小板を注射してあげることで、本来あった自己治癒機転をもう一度活性化し、怪我を治す環境を再獲得することを期待しております。これまでに、プロスポーツ選手から学生スポーツ、中高年のスポーツ愛好家まで、幅広い対象の方にこの治療法を行っております。他院で手術加療を勧められたが決心がつかず、最後の保存療法としてPRP療法を希望して来院され、PRP療法が奏効して手術を回避できた方も複数おられます。先述のように、非常に副作用の少ない治療ですので、数ある保存加療のうちの一つの選択肢として、特に既存の治療法への反応が乏しい方への実施をお勧めいたしております。

多血小板血漿(PRP)治療の費用

PRP療法は、日本ではまだ保険診療として認められておりません。そのため、治療を受ける方は自由診療となります。当院での一回のPRP注射にかかる費用は現在30,000円程度ですが、難治性の病変に対してはより高濃度の血小板療法(60,000円程度)を行う事もあります。また、通常のPRPが無効であった方を主な対象として、次世代PRPと呼ばれるより抗炎症作用の強いPRPによる関節炎の治療や、脂肪由来細胞を用いた治療も現在計画中です。詳細は診察時に担当医にお問い合わせください。

多血小板血漿(PRP)治療の経過解析

現在PRP療法は保険診療としての治療が出来ませんが、この治療法の有効性や安全性が検証されていけば、将来的に保険診療が適応となる可能性があります。そのため、当院では個人が特定されないようにデータを処理したうえで、PRP療法を受けた方々の経過の解析を行っております。患者さんからの特別の申し出がない限りは、PRP療法を受けた皆様を対象として医学会や医学雑誌へ報告し、PRP療法の更なる発展に貢献したいと考えております。