部門概要

検査について

放射線部で行っている主な検査・治療を紹介しております。
記載している項目以外にも様々な検査・治療があります。

一般撮影検査

一般撮影検査
一般撮影検査

レントゲン撮影と呼ばれている検査です。X線を用いて体内の骨や組織、器官などの構造を画像化する検査です。

マンモグラフィー検査

マンモグラフィー検査
マンモグラフィー検査

乳房を上下または左右から板ではさみ、乳房専用のX線装置で撮影します。
特性X線という特殊なX線で撮影することによって、コントラストのつきにくい軟部組織を描出します。

CT検査

CT検査
CT検査

CTとは(Computed Tomography)の略称。人体に360°方向からX線をあて、透過したX線をコンピュータで処理し、臓器の輪切り像や三次元画像などを作成する検査です。当院のCTは全てヘリカル撮影が可能であり、最新のマルチスライスCTも導入しております。

MRI検査

MRI検査
MRI検査

MRIとは(Magnetic Resonance Imaging)の略称。強い磁石と電波を使い体内の状態を断面像として描写する検査です。患者さんは寝ていただいた状態で大きな磁石の埋め込まれたトンネルの中に入ってもらいます。高周波な電波を身体に当てることによって、体の中から放出される信号を特殊なアンテナで受信しコンピューターで画像をつくります。検査は、放射線(X線)を使いません。

RI(核医学検査)

RI検査
RI検査

放射性医薬品を投与し、体内から放出される放射線(γ線)をカメラでとらえ、得られたデータを解析したり画像化することにより、体の機能や代謝の状態を評価する検査です。

血管撮影

血管撮影検査
血管撮影検査

血管内にカテーテルという細い管を挿入し、先端を目的部位まで進めます。その管から造影剤を注入してX線で撮影し血管だけを写す検査です。通常、足の付け根付近や上肢からカテーテル挿入します。

血管内治療(IVR)

血管内治療

X線透視や超音波像、CTを見ながら体内に細い管(カテーテルや針)を入れて病気を治す治療法です。病気の場所だけを正確に治療出来る優れた特徴を持っています。

当院で行っている主な血管内手術
経被的冠動脈形成術(PCI)
狭窄または閉塞した心臓の血管(冠動脈)を、バルーン(風船)やステントで拡げる治療
脳血管塞栓術
脳血管の動脈瘤に対してコイルを留置し、動脈瘤を塞ぐ治療

放射線治療

放射線治療
放射線治療
放射線治療

・外部放射線治療
外部放射線治療とは、リニアック治療装置より各種放射線(X線、電子線)を体外から病巣部に照射する治療方法です。
・定位放射線治療

定位放射線治療は、体内の病変部に線量を集中して照射し、周囲の正常組織の線量を減らし、病巣に高線量を投与する放射線治療です。
定位放射線治療は照射方法の違いにより次の二つに分けられます。
  • 1回照射:定位手術的照射法 stereotactic radiosurgery (SRS)
  • 分割照射:定位放射線治療  stereotactic radiotherapy (SRT)
当院では頭部病変のSRS、肺病変のSRTの定位放射線治療を行っています。

・前立腺小線源療法
早期の前立腺がんに対して、I125線源を前立腺内に刺入し、周囲の正常組織を保護し、病巣に高線量を集中出来る小線源療治療を行っています。