スタッフ紹介

看護部

看護部では総務、入院業務、外来業務、手術部、看護安全管理、看護教育、情報管理に担当責任者を置き、患者さんに安心して医療・看護を受けていただけるよう努めています。

幅下 貞美(看護部長)

幅下 貞美

看護部理念を達成するために自己研鑽し続けること、患者さん一人ひとりの生活に目を向け、仁の心を大切にし、生命の尊厳を守り支える看護師であり続けることを目指します。

手塚 さつき(看護総務課)

手塚 さつき

看護職員の人事、職員計画、健康管理等に関する業務を行っています。
看護職員のキャリア継続とスキルアップを支援し、働きやすい職場環境づくりのためのワークライフバランスに取り組んでいます。

碓井 真紀(看護入院業務課)

碓井 真紀

患者さんが生活環境の変化に適応でき、安心・快適な入院生活が送れるような環境づくりに努めています。また、患者さんのニーズに合わせた最適な看護ケアが提供できるよう、看護スタッフ全員で取り組んでいます。

山田 春子(看護外来業務課)

山田 春子

当院の外来患者数は平均約4,000人です。高齢の患者さんや慢性疾患の患者さんや在宅で治療を継続しておられる方も多くなっており、外来看護の役割りは非常に重要になっています。親切で優しく、思いやりをもって患者さんやご家族に接し、信頼される看護が提供できるよう努めております。

井上 富士子(手術業務課)

井上 富士子

当院の手術室は22室を有しております。年間の手術件数は15,000件を超え、全国の大学病院の中でトップの実績です。特定機能病院としての役割を果たすべく手術室で働く人すべてが協力し、手術を受けられる患者さんに安心で安全な質の高い治療および看護が提供できるように体制を整えております。

滝澤 真季子(看護安全管理課)

滝澤 真季子

医療安全・感染対策・災害を中心に看護の安全管理業務をしています。
患者さんが安心して医療が受けられ、看護職員が安全に看護を提供できるような体制づくりや環境が整えられるよう支援を行っています。

鵜澤 久美子(看護教育課)

鵜澤 久美子

看護職員が、専門職者として臨床の場で自律していけるよう院内研修の企画・運営を行っています。また、質の高い看護実践力を身につけ、専門職者としてのキャリアを積み重ねていけるよう支援します。

西島 吉紀(看護教育課)

西島 吉紀

自律した看護職員の育成を目標に、臨床の現場で活用できるような院内研修の企画、運営、評価を行っています。自ら判断するための学習を行い、質の高い看護が実践できる看護職員の育成を支援しています。

玉本 和紀(情報管理担当)

玉本 和紀

看護職員に対して、病院情報システムや個人情報に係る教育を行ったり、看護師による電子カルテの運用を管理しています。患者さんの情報が、より質の高い医療と看護に活かされるよう支援を行っています。

専門看護師

専門看護師は、水準の高い看護を効率よく行うための技術と知識を深め、卓越した看護を実践できると認められた看護師です。「専門看護分野」ごとに日本看護協会が認定しています。当院では、「がん看護」「小児看護」「慢性疾患看護」の3分野8名の専門看護師が各専門領域で活躍しています。
日本看護協会ホームページ http://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/cns

がん看護専門看護師

がん患者の身体的・精神的な苦痛を理解し、患者やその家族に対してQOL(生活の質)の視点に立った水準の高い看護を提供します。

中野 真理子

中野 真理子

がん患者さんや家族が抱える悩みや不安、治療の副作用への対処方法、療養の場・治療方法の選択などに関する相談への対応を行っています。また、がん看護における看護師の困難感や課題に対する支援も行っています。

荻津 佳奈江

荻津 佳奈江

化学療法や造血幹細胞移植を受ける血液がん患者さんが、安心して治療を受けることが出来るように多職種と連携しながら支援を行っています。がんと共に生きる患者さんとご家族の不安や困難に対して、一緒に考え、その人らしさを大切にした看護を実践できるよう努めています。

慢性疾患看護専門看護師

生活習慣病の予防や、慢性的な心身の不調とともに生きる人々に対する慢性疾患の管理、健康増進、療養支援などに関する水準の高い看護を行います。

堺 恭子

堺 恭子

患者さんとご家族が入院中の生活だけでなく、退院後も安心して療養できるよう環境を整えます。また患者さんのケアに携わる多職種の方々と調整し、療養の場所が変わっても安心して生活できるようにいたします。

漆戸 由紀子

漆戸 由紀子

長期にわたる療養が必要な慢性疾患の患者さんが安心して療養生活をおくれるよう退院支援を中心に活動しています。患者さんを常に「生活者」と捉え、「その人らしさ」を支える看護ケアを実践したいと思います。

小﨑 綾子

小﨑 綾子

慢性疾患を抱える患者さん・ご家族が病気と向き合い、ともに生活をしていくために困難を伴うことがあります。ひとりひとりの患者さんと向き合い、患者さんの生活に即した療養生活を送れるよう、一緒に考えながら支援していきます。

下西 麻美

下西 麻美

現在、病棟に所属し部署スタッフとともに内科系疾患患者さんに対する療養支援を行っています。また、看護部の教育委員会に属し、院内教育の企画・運営や 専門看護師を目指す学生の支援を行っています。

鵜澤 久美子

鵜澤 久美子

膠原病をはじめとする慢性疾患を抱えている方やご家族が、病いとともにある生活を安心して過ごすことができるように支援を行っています。患者さんと共に歩むという姿勢を大切にし、療養上の疑問や不安を1つ1つ丁寧にうかがってまいります。

小児看護専門看護師

子どもたちが健やかに成長・発達していけるように療養生活を支援し、他の医療スタッフと連携して水準の高い看護を提供します。

白幡 峰子

白幡 峰子

小児病棟の子どもだけではなく、一般病棟や外来など院内にいる子どもとそのきょうだい、ご家族を支える看護を目指しています。直接的なケアの実践だけでなく、チームの医療連携を図り最善の看護が提供できるよう支援しています。

齋藤 身和

齋藤 身和

病状や成長発達段階、家庭環境も様々なお子さん、ご家族にとって安心できる環境づくりを行います。ケア推進のため、看護職員の教育、退院調整・療養支援のための地域関係機関と連携・調整を行います。

在宅看護専門看護師

在宅で療養する対象者及びその家族が、個々の生活の場で日常生活を送りながら在宅療養を続けることを支援します。また、在宅看護における新たなケアシステムの構築や既存のケアサービスの連携促進を図り、水準の高い看護を提供します。

宮本 千恵美

宮本 千恵美

在宅での療養を希望する患者さんやご家族に対し、必要な医療・看護・介護を受けながら地域でその方らしく暮らし続けられるよう支援いたします。通院中や退院後のことについて、疾患やご年齢に関わらず何でもご相談ください。