眼のトラブル 蚊文症

目の前に虫のようなものが動いて見えます。多くは加齢によるものですが、中には注意が必要なものがあります。

【症状】

目の前に虫が飛んでいるように見え、見え方は様々で黒い点や糸くずのように見えることもあります。これらは、まばたきをしても目をこすっても消えません。同じところに見えたり、ふわふわ動いたりします。

【原因】

眼球の中の大部分は、硝子体という透明のゼリー状の組織でできており、眼球の保護をしています。加齢により硝子体は収縮して、網膜から剥がれやすくなります。
ふつう硝子体が網膜からきれいに剥がれている場合は治療の必要はなく、慣れれば特に問題ありません。
しかし一部が網膜にくっついたまま剥がれている場合、網膜が引っ張られてしまう危険性があるので注意が必要です。

【注意が必要な蚊文症】

網膜裂孔
硝子体が収縮するときに、硝子体にくっついている網膜の一部が破れ、その際に網膜の血管が切れて出血を引き起こします。
症状は、黒い墨を流したように見えます。出血が起こる前に、目の前を光が走るように感じることがあります。

網膜剥離
網膜裂孔をそのままにしておくと、やがて網膜が硝子体からはがれてしまいます。網膜の上部が剥がれると視野の下部が欠けて見え、視力に関係の深い網膜の中心部が欠けてしまうと、極端に視力が低下します。

硝子体出血
糖尿病や高血圧などによって眼底で出血が起こる場合があります。その血液が硝子体に入ると、蚊文症が現れたり、著しく視力が低下したりします。
内科での治療と平行して、定期的に眼底検査を受けることを勧めます。

【治療】

網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血では、剥がれた網膜をもとの組織に癒着させる手術が必要となります。レーザーを行う場合もあれば、眼球内にガスやオイルを入れ網膜を押し上げる方法もあります。
眼底検査を行えば、治療の必要性がわかりますので、蚊文症の数が増えたり形が変わったりしたら、早めに眼科を受診してください。早期発見、早期治療が必要です。

耳が聞こえにくい

加齢による耳の聞こえにくさや、エレベータ-での昇降時・トンネル内・新幹線や飛行機などの乗り物に乗ったときなどに一時的に耳がつまったようになり、聞こえにくくなることは誰もが経験しています。しかし、いつもより他人の声や周囲の音などが聞き取りにくい、聞き返すことが多くなった、話し掛けられたが気付かないなどのときは注意が必要です。
音の聞こえが悪いと感じるほかに耳垂れが出る、耳が痛い、耳鳴りがする、頭痛や吐気がするなどの症状があるときは早めに受診しましょう。

【症状を緩和する方法】

口を大きく開く・唾を飲み込むなどで症状が緩和する場合もありますし、耳掃除や休息を十分にとることで軽減することもあります。
しかし難聴の治療は早期の開始が大切なので、上記の処置でも改善しない場合は早めに受診するようにお勧めします。

【原因】

耳の通りが垢や水で塞がったりして音が聞こえにくくなったり、ストレスや過労などにより耳の神経が影響を受けて聞こえなくなることがあります。気圧の変化で一時的に外耳道が閉塞されることによって生じることもあります。
外耳道炎・中耳炎などの炎症や、脳の病気が原因の場合もあります。

【受診の目安】

日常生活や仕事に支障が出るほど耳の聞こえが悪いとき、それほどでもないが聞こえにくくなってからなかなか改善しないとき、耳垂れ・耳痛・耳鳴り・頭痛・吐気・眩暈などの症状が出現したときは、できるだけ早く医師の診察を受けて下さい。

【観察ポイント】

受診のときは、いつから聞こえにくいのか、どんな音が聞こえにくいのか、他に症状は無いかなどを医師に伝えましょう。

頭痛

頭痛といっても日常的に起こるあまり心配の無いものから、生命に関わるものと様々な種類があります。

【頭痛の種類と症状】

誰にでも起こる日常的な頭痛
二日酔いや冷たい物を食べたときなどに起こる一過性のもの

頭痛持ちの頭痛と言われる慢性頭痛
片頭痛・筋緊張性頭痛・群発頭痛など痛みが繰り返し起こるもの

脳や全身の病気が原因の頭痛
くも膜下出血・髄膜炎・脳腫瘍など脳の病気や高血圧症など全身の病気、耳鼻科・眼科・歯科・整形外科的病気によるもの

【症状を緩和する方法】

頭痛の種類によって異なりますが、ストレスを溜めずに規則正しい生活を心がけることが大事です。
安静にして痛むところを軽く抑える、温めのお風呂にゆっくり入って首や肩をマッサージする、深呼吸をするなどといったことで症状が緩和できることがあります。

【受診の目安】

頭痛が慢性的に起こっているからと放置せず、受診して頭痛の原因をつきとめる必要があります。
そのためには自分の頭痛の症状を把握することが大切です。

  • いつどのように始まったか
  • いつまで続いたか
  • どのような頻度で起こっているか
  • どのような時ひどくなるか
  • どんな痛みか
  • どこが痛むか
  • 他に症状(吐き気など)があるか

などです。このような情報は頭痛がどの種類のものかを判断するのに大いに役立ちます。メモしておいて、受診の際にきちんと伝えるようにしましょう。 
なお、次のような場合はできるだけ早い受診をお勧めします。

  • 突然割れるような痛みがある
  • 手足がしびれる
  • 言葉がはっきりしゃべれない
  • めまいや耳鳴りがする

脳梗塞

脳の血管が何らかの原因で細くなるか、つまってしまうことにより血流障害が生じて、その血管から血液を供給されている部分の脳が壊死してしまう状態をいいます。

【症状】

意識障害、手足の麻痺やしびれ、めまい、目のかすみ、食べ物の飲み込みにくさなどの様々な症状が突然出現します。症状はどれか1つの場合もあれば、複数出現する場合もあります。

【原因】

脳動脈硬化によって血栓ができ脳の血流が阻害されてしまったり、心臓などで血管を詰まらせる栓になるようなものが形成され、それが脳の動脈を詰まらせることによって起こります。
様々な症状がでるのは、脳のどこの血管が詰まったかによって症状が異なるからです。また症状の程度も脳の血管がどのくらい詰まったかによって様々です。

【症状が出た時は】

安静が大切です。横になり早期に受診してください。
受診時には、症状がいつ・どのようなときに起きたのかを医師に伝えてください。
飲んでいる薬があれば、全て持って行きましょう。

【対策】

高血圧・高脂血症・糖尿病などを患っている方は、動脈硬化があることが多いので注意が必要です。動脈硬化の進行を防ぐためには定期的な受診と共に、生活改善に心がけることです。

コンタクトレンズトラブル

コンタクト装用により角膜や結膜に障害を起こし、充血・痛み・かゆみ・目やに・違和感・涙目・異物感・かすみ・まぶしさなどの症状が出現することがあります。

【原因】

酸素不足・ドライアイ・コンタクトレンズによる刺激・アレルギー・消毒の中和忘れや期限以上の長期装用・付けたまま寝てしまった・レンズ破損などがあげられます。

【症状を緩和する方法】

  • なるべく早くコンタクトレンズを外す
  • ドライアイに対しては人工涙液を点眼する

【受診の目安】

コンタクトレンズを外しても症状が治まらない時は早めに受診しましょう。
特に充血と痛みが続く場合は注意が必要です。

【観察ポイント】

いつから症状があるのか、使用していたコンタクトレンズの種類、いつから装着しているか、誤使用が無かったか等を受診時に医師に伝えてください。

めまい

神経内科外来や一般内科外来で最も多い主訴の1つで、内耳の病気・脳の病気・良性のもの・悪性のもの・緊急を要するもの・様子をみても良いものなど様々です。
自分または周りがぐるぐる回る感じ、物が流れるような感じ、前後左右に揺れる感じ、目の前が暗くなる、ふわふわして地に足がつかない、歩くとふらつくなど症状もいろいろあります。

【原因】

耳からくるものか、そうでないものかによって大別されます。
耳からくるめまいはメニエール病・良性発作性頭位めまい症・前庭神経炎・めまいを伴う突発性難聴によるものなどがあります。
耳性以外の原因には高血圧・低血圧・動脈硬化・心疾患などの循環器系の異常、頸椎異常、脳出血・脳梗塞・脳腫瘍などの頭蓋内疾患によるものがあります。

【症状を緩和する方法】

めまいがひどい時にはまず横になり、眼を閉じて、頭をできるだけ動かさないようにしましょう。楽な姿勢が1番です。
室内を暗くし、音や振動などを避けて静かに過ごしましょう。

【受診の目安】

めまいの多くは、半日ないし1日程度安静にするとおさまります。翌日の受診でも十分でしょう。
ただしめまいと同時に耳鳴り・難聴、ろれつがまわらない、飲み込みが悪い、意識がなくなった、運動障害、手足の脱力感といった随伴症状がある場合には、出来るだけ早く受診しましょう。

【観察のポイント】

受診をする時にはめまいの起こり方・持続時間、他に症状があれば医師に伝えましょう。

耳鳴り

周囲に音源が無いにもかかわらず音を感じる状態を耳鳴りといいます。音色や音の大きさは人によって異なり、片耳だったり両耳だったり、断続的・持続的など症状は様々です。急に起きた耳鳴りやその他随伴症状がある場合は注意が必要です。

【原因】

空気が漏れる音、水が流れる音、貝殻を耳にあてた時の音、蝉の鳴き声、ブーンといった羽音、キーンという甲高い音など本人だけが自覚する耳鳴りですが、耳感染・異物または耳垢・耳硬化症・メニエール・音響性外傷といった耳の病気に共通しています。
耳性以外には聴神経腫瘍や脳動脈瘤が原因でおこることもありますし。高血圧・貧血・糖尿病・低血圧・心疾患などの基礎疾患をもつ方が耳鳴りを自覚される場合も多々あります。

【症状を緩和する方法】

過度の疲労・飲酒・喫煙・騒音などが症状を悪化させる事があります。
症状を悪化させないように静かで穏やかな生活を心がけましょう。

【受診の目安】

急に起こった場合は急性感音難聴の可能性があるので、できるだけ早く受診した方が良いでしょう。

【観察のポイント】

受診時には、いつどのような音として聞こえるのか感じたままを伝えるようにします。耳鳴りの症状と同時に聞こえが悪くなったり、めまいや頭痛・吐気など他の症状があれば、そのことも医師に伝えましょう。