理念・ビジョン、行動指針

看護部の理念

私たちは「仁」の心をもって患者一人ひとりに向き合い、その人の生活の質の向上を目指した、最善の看護を実践します。

順天堂の学是である「仁」、その精神である「人ありて我あり、他への思いやり、慈しむ心」を念頭におきました。順天堂で医療に携わるもの、および次世代を担う人が「仁」の心を持つことは常に根底にあります。また、順天堂の理念である「不断前進」は常に時流を見据えた創造的な歩みを進めていくことを意味します。一方、「天道に則り自然の摂理に順う」という孟子の言葉が、本学の名称の由来となる精神であります。それは、人々の生命を尊重し尊厳と権利を守るということです。すなわち、私たちは、患者一人ひとりにきちんと向き合い、その患者にとってのQuality of Life の向上を目指し、患者・家族と医療者双方が最も良いと思われる看護を実践していきたいと考えます。

行動指針

1.「患者さんのために」
私たちは「仁」の心をもって患者さん一人ひとりに向き合い、その人の生活の質の向上をめざした最善の看護を実践します。
これからは患者参加型の医療と考えます。患者中心の看護とは「患者のためにベストであること」そのためには、患者の意見が反映され、同意を得た看護の提供が必要です。このとき、私たちは、患者とともに考え、提案もしつつ、患者が主体的に選択するという願いを込めています。
2.「職員のために」
私たちは高度医療に携わるプロフェッショナルとしての能力を発揮し、倫理を遵守し、魅力ある職員であることを目指します。
高度医療をすすめていく病院として、より専門性を高め看護の質の向上につとめています。そのために、私たちは先輩・後輩が切磋琢磨し、自己研鑽を積み私たち自身が自立・自律していくように努めています。当院の看護師は「優しく、品良く、誠実」である評価を戴いています。今後も「礼儀・接遇・マナー」を大切に、「魅力ある」職員を目指していきます。更に、職員の卒後教育はもとより、看護学生の教育として「順天堂は学べる場がある」という人材育成をすすめて参ります。
3.「順天堂のために」
私たちは順天堂人として、他の医療職者とパートナーシップを持って協働し、健全な病院運営に参画します。
順天堂人として、透明で健全な病院運営に寄与し、他の医療職者と共に、諸活動に誠実に誠意を持って尽力することを目指します。
4.「社会のために」
私たちは看護の発展に貢献します。
当院は特定機能病院としての役割を担っています。すなわち、社会のニーズに対応しながら、「良いケアは、より人々を健康にする」看護に必要性を加味しています。そして、将来的には、順天堂が「教育・実践・研究」を通して看護の発信源になることの思いを込めています。

看護部の理念・行動指針・目標