看護体制

看護体制は、変則2交代制(変形労働時間制)
看護方式は、チームナーシング担当看護師制を実施しています。

看護体制

1看護配置:
特定機能病院一般病棟7:1入院基本料(実質配置)
 一般病棟において看護を行う看護師の数は、1日当たり平均入院患者数と看護職員勤務者数との比率を示す。ICUは2:1、HCUは4:1、NICUは3:1、GCUは6:1、小児部門は夜間9:1を取っている。
2看護単位の構成
  • 看護単位:特定の場所・施設・設備と看護の機能を果たす看護職員集団を言う。
  • 各看護単位の構成:
外来業務課 外来:診療部門 各診療科外来15単位 中央診療部門5単位
入院業務課 病棟:1020床 一般病棟      22病棟(21単位)
精神病棟      1病棟(1単位)
集中治療室     3病棟(3単位)
ハイケアユニット  1病棟(1単位)
新生児集中治療室  1病棟(1単位)
新生児治療回復室  1病棟(1単位)
小児病棟      2病棟(2単位)
    計31病棟(30単位)

看護方式

チームナーシング担当看護師制

1目的
 看護部の目的をもとに患者のニードを満たすため、看護チーム員が協働し、24時間継続したケアの実践を目指している。

標準看護計画

1基本的な考え方
  • 標準化された看護計画をもとに、個別性を追加修正し作成する。
  • 入院時から24時間以内に看護計画を立案し、患者が入院生活に適応できるように支援し、看護の質を保証する。
2目的
  • 患者が病院の設備を安全に使用する事が出来る。
  • 患者・家族が入院に関連した不安を表現することができる
  • 医療チーム間・患者・家族が看護計画を共有する
  • 入院患者受け入れを円滑にする
  • 記録時間の短縮を図る
3対象:入院患者
4立案までの実際
  • 病棟内構造・設備・備品オリエンテーションを行う。
  • 患者プロファイルをもとに患者の病歴聴取を行う。
  • 記録鑑査用紙に沿って必要事項を入力する。
  • 看護計画を立案する。
  • 入院診療計画書と共に看護計画についても説明し同意を得る。

勤務時間

1 変則2交代制(変形労働時間制)
日勤:8:00〜16:10
夜勤:15:50〜8:10

または、
日勤:8:00〜19:30
夜勤:19:20〜8:10 (夜勤時間の短縮)※ただし、一部の部署

働きやすい環境づくりと看護の質向上への挑戦