順天堂学内認定教育課程

順天堂学内認定教育課程とは

順天堂学内認定教育課程は、順天堂看護師としての「仁」の精神を継承し、かつ各分野で専門性の高い知識・技術を提供する看護師を養うことを目的とし、平成22年に創設されました。教育研修は、順天堂大学医療看護学部及び順天堂大学附属6病院の各所で行われ、毎年多くの認定修了者を輩出しています。

認定コースは、静脈注射・リンパ浮腫ケア・褥瘡ケア・メンタルケア・救急院内急変時対応看護など多分野にわたり、各分野でコース修了者がリーダーシップを発揮しています。




順天堂学内認定教育課程「救急院内急変対応」修了
佐川 由恵 / 上山 さなえ / 笹野 幸春 / 川口 頼子 / 伊富貴 典子
佐川 由恵 / 上山 さなえ / 笹野 幸春 / 川口 頼子 / 伊富貴 典子

「院内急変対応コース」では、院内の医師や救急認定看護師、集中ケア認定看護師が講師となり、救急看護領域の基礎的な知識・技術の習得、アセスメント能力の向上など救急医療におけるチームワークを学びました。院内では時間、場所を問わず患者、お見舞いの方も緊急対応を必要とされる状況となります。私たちはあらゆる場面で、早期に適切な処置を行い、また救急医療チームが救命に向けて最大の力を発揮出来るように調整役として行動します。現場での実働はもちろんですが、院内のスタッフ全員が患者さんの急変前のサインに気づき、未然に防ぐこと、急変時には躊躇なく対応できるように院内急変対応コースで学んだことを指導・教育にも活かしていきたいと考えています。