国際規格,精度保証および関連診療科との協力体制

ISO 15189 認定

ISO15189シンボルマーク

臨床検査部は、2016年6月9日付で、ISO 15189 「臨床検査室-品質と能力に関する特定要求事項」の認定を取得しました。
今後も、品質マネジメントシステムを確実に運用し、高品質な臨床検査サービスを提供します。

ISO15189認定書(日本語)
ISO15189認定書(英語)

ISO 15189 とは

ISO 15189は、国際標準化機構(International Organization for Standardization)によって設定された臨床検査室に特化した国際規格です。品質マネジメントシステム(検査室における質の向上と維持)と技術的要求事項(高品質なデータを提供する手順など)から構成され、第3者機関により客観的に審査されます。この認定取得は、検査室と検査室が提供する検査結果が国際基準であることを意味します。継続的な改善が求められ、4年ごとの再審査で、認定が更新されます。

精度保証体制

  • 良質な臨床検査データ提供のため、精度管理を毎日行うほか、各種学術団体等が実施する外部調査に参加し、検査精度に対する第3者評価を継続して受けています。
  • 参加している外部精度保証
    • 日本医師会臨床検査精度管理調査
    • 日本臨床衛生検査技師会精度管理調査
    • アメリカ病理医会(College of American Pathologists:CAP)サーベイ
  • 日本臨床衛生検査技師会「精度保証施設認証」を取得しています。
  • その他、東京都衛生検査所精度管理調査ではレファレンスラボラトリー(生化学検査、微生物検査)を受託しています。

臨床検査医学科および関連診療科との協力体制

高品質な臨床検査データ提供のため、臨床検査部では臨床検査の専門医師からなる臨床検査医学科をはじめ、循環器内科、呼吸器内科、脳神経内科など関連の臨床科医師と連携して検査を行っています。