業績(論文)

英文論文

【2018年】

  1. Naoki Watanabe, Akihiko Gotoh, Shuichi Shirane, Yasuharu Hamano, Yuji Hirai, Maika Shimizu, Ayako Nakamura, Kana Matsumoto, Kunihiko Morita, Takeshi Mori, Akimichi Ohsaka, Norio Komatsu : Breakthrough Exophiala dermatitidis infection during prophylactic administration of micafungin during second umbilical cord blood transplantation after graft failure. Transplant Infectious Disease 20 ; 10-12, 2018
  2. Tomohiko Ai, Yoko Tabe, Hiroyuki Takemura, Konobu Kimura, Toshihiro Takehashi, Haeun Yang, Koji Tsuchiya, Aya Konishi, Kinya Uchihashi, Takashi Horii, Akimichi Ohsaka : Novel flowcytometry-based approach of malignant cell detection inn body fluids using an automated hematology analyzer. PLoS ONE 13(2):e0190886, 2018
  3. Hiroyuki Takemura, Tomohiko AI, Konobu Kimura, Kaori Nagasaka, Toshihiro Takahashi, Koji Tsuchiya, Haeun Yang, Aya Konishi, Kinya Uchihashi, Takashi Horii, Yoko Tabe, Akimichi Ohsaka : Evaluation of cell count and classification capabilities in body fluids using a fully automated Sysmex XN equipped with high-sensitive Analysis(hsA) mode and DI-60 hematology analyzer system. PLoS ONE 13(4):e0195923, 2018
  4. Koji Tsuchiya, Yoko Tabe Tomohiko Ai, Takahiro Ohkawa, Kengo Usui, Maiko Yuri, Shigeki Misawa, Soji Morishita, Tomoiku Takaku, Atsushi Kakimoto, Haeun Yang, Hiromichi Matsushita, Takeshi Hanami, Yasunari Yamanaka, Atsushi Okuzawa, Takashi Horii, Yoshihide Hayashizaki, Akimichi Ohsaka : Eprobe mediated RT-qPCR for the detection of leukemia-associated fusiongenes. PLoS ONE, 13(10):e0202429, 2018
  5. Ayako Nakamura, Shigeki Misawa, Masayoshi Chonan, Takaaki Kawakami, Takashi Horii, Norio Kamatsu, Akimichi Ohsaka : Efficacy of PCR-based open reading frame typing assay for outbreak investigation of metallo-β-lactamase-producing Pseudomonas aeruginosa in hematology unit. Journal of Infection and Chemotherapy, 24(12):1020-1023, 2018
  6. Yoshiaki Furuta, Yuki Nakamura, Miho Tokida, Kayoko Ichikawa, Toshiya Ohsawa, Mitsuo Ohkubo, Akimichi Ohsaka : Pre-operative autologous blood donation and transfusion-related adverse reactions: A 14-year experience at a university hospital. Transfusion and Apheresis Science, 57: 651-655, 2018

【2017年】

  1. Tomohiko Ai, Maiko Yuri, Yoko Tabe, Atushi Kakimoto, Soji Morishita, Koji Tsuchiya, Kazuya Takamochi, Yizo Kodama, Fumiyuki Takahashi, Misawa Shigeki, Takashi Horii, Kenji Suzuki, Kazuhisa Takahashi, Takashi Miida, and Akimichi Ohsaka. Comparison of the analytical performance between cobas EGFR assay and PCR-clamp method in the detection of EGFR mutations in Japanese non-small cell lung cancer patients. Clin. Lab. 2017; 63: 1021-1026
  2. Kiyozumi Suzuki, Yuji Hirai, Fujiko Morita, Ayako Nakamura, Yuki Uehara, and Toshio Naito : Streptobacillus moniliformis bacteremia in a pet shop employee: Case report and literature review. Infectious Disease Society of America 2017; 29: 1-3

【2016年】

  1. Yuri M,Tabe Y,Tuchiya K,Sadatsuki R,Aoki J,Horii T,Iba T,Ohsaka A.Evaluation of Factor Xa-Specific Chromogenic Substrate Assays and the Determination of Pharmacokinetics of Fondaparinux.Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis 22(5):453-458.2016
  2. Idei M, Tabe Y, Hamada C, Miyake K, Takemura H, Io H, Wakita M, Horii T, Tomino Y, Ohsaka A, Miida T.Pancreatic lipase activity in overnight effluent predicts high transport status in peritoneal dialysis patients.Clinica Chimica Acta 462: 65-70,2016

【2015年】

  1. Yoko Tabe, Takemasa Yamamoto, Imiko Maenou, Rie Nakai, Mayumi Idei, Takashi Horii, Takashi Miida,Akimichi Ohsaka.Performance evaluation of the digital cell imaging analyzer DI-60 integrated into the fully automated Sysmex XN hematology analyzer system. Clin Chem Lab Med. 53:281-289.2015
  2. Hiromi Yamada, Yoko Tabe, K.Watanabe, S.Morishita, Maiko Yuri, M.Yokoo,Takashi Horii, N.Shimizu, S.Kimura, Akimichi Ohsaka. Harmonization of quantitative BCR-ABL measurements using the secondary reference material anchored to the WHO primary standards. Int J Lab Hematol. 37:e29-33. 2015
  3. Hiromi Yamada,Yoko Tabe,Kiyoshi Ishii,Yasuhisa Terao,Yohei Yamashita,Takashi Horii,Satoru Takeda,Akimichi Ohsaka.Clinical Performance Evaluation of a High-Risk Human Papillomavirus Genotyping Test "Clinichip HPV" Using Cervical Scrape Specimens.Clin. Lab.61:851-855.2015
  4. Maiko Yuri,Yoko Tabe,Koji Tsuchiya,Ryo Sadatsuki,Jun Aoki,Takashi Horii,Toshiaki Iba,Akimichi Ohsaka.Evaluation of Facter Xa-Specific Chromogenic Substrate Assays and the Determination of Pharmacokinetics of Fondaparinuk.2015
  5. Yuki Nakamura,Toshiya Ohsawa,Yoshiaki Furuta,Miho Tokida,Kayoko Ichkawa,Akimichi Ohsaka.Successful Identification of Anti-f Alloantibody in aNon-transfused Male Patient Employing ID-Micro Typing System Gel Cards.J Blood Disord Transfus 2015,6-6
  6. Yoshiaki Furuta , Toshiya Ohsawa, Yuki Nakamura ,Miho Tokida,Kayoko Ichkawa,Akimichi Ohsaka.Implementation of electronic identification system for blood transfusion in the setting of hematopoietic progenitor cell infusion at the bedside.Transfusion and Apheresis Science 2015
  7. Naoki Uno, Hiromichi Suzuki H, Hiromi Yamanaka, Maiko Yamada, Yuji Yaguchi, Shigeyuki Notake, Kiyoko Tamai, Hideji Yanagisawa, Shigeki Misawa, Katsunori Yanagihara. Multicenter evaluation of the Verigene Gram-negative blood culture nucleic acid test for rapid detection of bacteria and resistance determinants in positive blood cultures. Diagn. Microbiol. Infect. Dis. 83: 344-348, 2015

【2014年】

  1. Yamada H, Tabe Y, Terao Y, Yamashita Y, Horii T, Takeda S, Ohsaka A. Clinical performance evaluation of a high-risk human papillomavirus genotyping test "Clinichip HPV" using cervical scrape specimens. Clin Lab. (in press)

【2013年】

  1. Nakamura A, Miyake K, Misawa S, Kuno U, Horii T, Kondo S, Tabe Y, Ohsaka A, Meropenem as predictive risk factor for isolation of multidrug-resistant pseudomonas aeruginosa.Jounal of Hospital Infection;83:153-15,2013
  2. Zhang M, Ito T, Li S, Misawa S, Kondo S, Miida T, Ohsaka A, Hiramatsu K: Analysis of Staphylococcal cassette chromosome mec in BD GeneOhm MRSA assay-negative strains. Antimicrob. Agents Chemother., 57: 2890-2891, 2013
  3. Ohkushi D, Uehara Y, Iwamoto A, Misawa S, Kondo S, Shimizu K, Hori S, Hiramatsu K: An effective active surveillance method for controlling nosocomial MRSA transmission in a Japanese hospital. J. Infect. Chemother., 19: 871-875, 2013

【2012年】

  1. Kondo S, Tabe Y, Yamada T, Misawa S, Oguri T, Ohsaka A, Miida T. Comaprison of antifungal activities of gentian violet and povidone-iodine against clinical isolates of Candida species and other yeasts: A framework to establish topical disinfectant activities. Mycopathologia. 173: 21-25, 2012
  2. Nakamura A, Miyake K, Misawa S, Kuno Y, Horii T, Hori S, Kondo S, Tabe Y, Ohsaka A. Association between antimicrobial consumption and clinical isolates of methicillin-resistant, Staphylococcus aureus: a 14-year study.J.Infect.Chemother. 18: 90-95, 2012
  3. Yamakawa J, Aminaka M, Okuzumi K, Kobayashi H, Katayama Y, Kondo S, Nakamura A, Oguri T, Hori S, Cui L, Jin J, Kurosawa H, Kaneko K, Hiramatsu K. Heterogeneously vancomycin-intermediate Staphylococcus aureus(hVISA)emerged before the clinical introduction of vancomycin in Japan: a retrospective study. J Infect Chemother. 18:406-409,2012

【2011年】

  1. Ohashi R, Kato M, Katsura Y, Takekawa H, Hoshika Y, Sugawara T, Yoshimi K, Togo S, Nagaoka T, Seyama K, Takahashi K, Tsuchiya K, Misawa S, Kikuchi K. Breakthrogh lung Scedosporium prolificans infection with multiple cavity lesions in a patient receiving voriconazole for probable invasive asperbillosis associated with monoclonal gammopathy of undetermined significance(MGUS). Med. Mycol. J. 52: 33-38, 2011
  2. Ohsaka A, Ishii K, Yamamoto T, Horii T, Tabe Y. Automated mixing studies and pattern recognition for the laboratory diagnosis of a prolonged activated partial thromboplastin tinme using automated voagulation analyzer.Thrombosis Research. 128: 86-91, 2011
  3. Ohashi R, Kato M, Katsura Y, Takekawa H, Hoshika Y, Sugawara T, Yoshimi K, Togo S, Nagaoka T, Seyama K, Takahashi K, Tsuchiya K, Misawa S, Kikuchi K. Breakthrough lung Scedosporium prolificans infection with multiple cavity lesions in a patient receiving voriconazole for probable invasive aspergillosis associated with monoclonal gammapathy of undetermined significance (MGUS). Med. Mycol. J. 51(1): 33-38, 2011
  4. Horiuchi Y,Tabe Y,Idei M,Hans-Inge Bengtsson,Ishii K,Horii T,Miyake K,Satoh N,Miida T. The use of Cella Vision Competency Software for external quality assessment and continuing professional development.J.Clin.Pathology.2011

【2009年】

  1. Naito T, Mizue S, Misawa S, Nakamura A, Isonuma H, Kondo S, Dambara T, Yamamoto N. Cyclospora Infection in an Immunocompetent Patient in Japan. Jpn. Infect. Dis. 62: 57-58, 2009

和文原著

【2017年】

  1. 山本剛正、田部陽子、石井清、三宅一徳、岩崎陽介、増田亜希子、松下弘道、堀井隆、佐藤尚武、大坂顯通.炎症指標としての血算・血液像検査の利用状況(臨床医の意識調査結果)と桿状核好中球分類の有用性.日本検査血液学会雑誌 2017;18 71-78

【2016年】

  1. 脇田 満. 円柱からわかる腎臓の病態と障害度. 検査と技術. 医学書院. 44(10):836-841. 2016
  2. 安藤純, 増田安土, 飯塚和秀, 落合友則, 高久智生, 大澤俊也, 嶋田英子, 渡辺嘉久, 小松則夫, 大坂顯通 血小板輸血によるアナフィラキシーを契機に診断された先天性ハプトグロビン欠損症 臨床血液 57,2507-2511,2016

【2015年】

  1. 山本美由紀、脇田満、石井清、堀井隆、三宅一徳、大坂顯通.アレルギー特異IgE測定装置DiaPack3000の基礎的検討、医学検査、64:66-71、2015
  2. 石井清、田部陽子、佐野麻衣、岩崎陽介、清水長子、増田亜希子、堀井隆、佐藤尚武、三井田孝、大坂顯通.血液検査効率化に資する血液像目視再検基準の設定と評価-自動血球分析装置XE5000を用いた場合-、日本検査血液学会雑誌、16:20-27、2015
  3. 青木優子、脇田満、堀井隆、田部陽子、大坂顯通.グリコヘモグロビン分析装置ADAMS A1c HA-8180Tの基礎性能評価、機器・試薬、38:547-553、2015
  4. 中澤武司、佐々木信一、井上貴昭、南條友央太、海宝まゆ子、萩原伸悟、三澤成毅、横山栄二、菊池 俊.Desulfovibrio desulfuricansが分離された肝膿瘍の1例、日本嫌気性菌学会雑誌、45、91-98、2015

【2014年】

  1. 松木美貴、竹村浩之、上野剛、脇田満、久野豊、堀井隆、田部陽子、大坂顯通.尿ケトン体改良試験紙法の特異性に関する評価.医学検査 63:586-589.2014

【2013年】

  1. 中村文子、久野豊、堀井隆、近藤成美、三宅一徳、大坂顯通.当院における14年間の臨床検査の動向とDPC導入の効果.医学検査 62:413-419.2013
  2. 青木優子、脇田満、久野豊、堀井隆、三宅一徳、田部陽子、大坂顯通.尿中有形成分自動分析装置における目視鏡検実施基準の検討-病的円柱の効果的な検出方法-.医学検査 62:562-566.2013
  3. 大木まゆみ、三澤成毅、荒井ひろみ、川瀬友季子、長南正佳、川上剛明、久野豊、堀井隆、近藤成美、三宅一徳、田部陽子、大坂顯通.酵素抗体法(迅速キット)によるClostridium difficileトキシン検出検査と毒素産生C.difficileの分離培養との比較検討.日本臨床微生物学雑誌 23:7-11.2013

【2012年】

  1. 久野 豊、中村文子、本間久子、堀井隆、大坂顯通.診察券のID情報を利用した採血時の患者照合システム.日本臨床検査自動化学会会誌 37(2):254-257.2012
  2. 川上剛明、荒井ひろみ、大木まゆみ、長南正佳、三澤成毅、田部陽子、近藤成美、大坂顯通.血液培養検査の24時間対応による診療支援.医学検査 61:523-528.2012
  3. 竹村浩之、田部陽子、佐藤万里子、春日加奈子、今門美香、石井清、堀井隆、三井田孝、大坂顯通.自動血球分析装置ADOVIA2120iによる体腔液測定に関する検討.日本検査血液学会雑誌 13:176-182.2012
  4. 玉井悠子、綱嶋千里、石井清、田部陽子、堀井隆、大坂顯通.インフルエンザ迅速診断キット「ラピッドテスタFUL・NEO」の検出感度と操作性に関する検討.臨床検査機器・試薬 35(5):771-776.2012
  5. 佐藤万里子、石井清、田部陽子、堀井隆、三井田孝、大坂顯通.採血後の時間経過に伴って出現する破壊細胞が白血球分画に与える影響.日本検査血液学会雑誌 13:304-310.2012

【2011年】

  1. 伊藤聡史、田部陽子、石井清、山本剛正、前納意美子、堀井隆、三井田孝、大坂顯通.血液像自動分析システム(Cella Vision DM96)に適した塗抹標本作成法に関する検討.検査血液学会誌 12:194-201.2011
  2. 小栗豊子、石井良和、三澤成毅、舘田一博、奥住捷子、吉田 敦、塚原みゆき、大石 毅、馬場 勝、米山彰子、住友みどり、満田年宏、森慎一郎、柴山明義、中森祥隆、後藤美江子、森屋恭爾、佐藤智明大曲貴夫、山口惠三.ブレイクポイント・チェッカーボードプレートによる多剤耐性緑膿菌感染症に対する治療薬選択のためのスコア化による比較.日本化学療法学会雑誌59(1):172-175.2011
  3. 三澤成毅、荒井ひろみ、川瀬友季子、大木まゆみ、長南正佳、川上剛明、久野豊、堀井隆、近藤成美、大阪顯通.当院における最近3年間の嫌気性グラム陰性桿菌の薬剤感受性.日本嫌気性菌感染症研究 41:64-70.2011

【2010年】

  1. 小坂寿里、堀井隆、大坂顯通.全自動化学発光酵素免疫測定システム「ルミパルスG1200」の基礎的性能評価.日本臨床検査自動化学会会誌 35:55-60.2010
  2. 竹村浩之、田部陽子、石井清、小林由貴、久野豊、堀井隆、三宅一徳、三井田孝、大坂顯通.自動血球分析装置を用いた脳脊髄液および体腔液中の細胞数算定と腫瘍細胞検出能.臨床病理 58:559-564.2010
  3. 山本剛正、田部陽子、石井清、伊藤聡史、前納意美子、松本耕一、堀井隆、三井田孝、大坂顯通.血液自動分析システムCella Vision DM96の白血球分類能に関する検討.臨床病理 58:884-890.2010
  4. 近藤成美、三澤成毅、小栗豊子、山田俊彦、大坂顯通、三井田孝.血液培養から分離されたStaphylococcus属の臨床的意義判定における2セット採取の必要性.臨床病理 58:437-441.2010

【2009年】

  1. 中村裕樹、中村文子、三澤成毅、小栗豊子.酵素基質培地クロモアガーMRSAの検討.医学検査 58:364-368.2009
  2. 堀井隆、小坂寿里、春日加奈子、大坂顯通.全自動電気化学発光免疫測定法による第二世代の脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント測定試薬の基礎的性能評価.医学と薬学 61:761-767.2009
  3. 小島彩、佐野将也、後藤秀之、石井清、西村敏治.4機種の全自動血液測定装置における測定処理時間およびAPTT試薬(6種類)の感受性についての検討.医学と薬学 61:87-91.2009
  4. 小坂寿里、堀井隆、大坂顯通、三宅紀子、三井田孝.化学発光酵素免疫測定試薬「ルミパルスKL-6エーザイ」の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 34:284-289.2009
  5. 越谷久美子、石井清、田部陽子、佐藤尚武、三井田孝、大坂顯通.多項目自動血球分析装置XS-1000iの基礎的検討.日本検査血液学会雑誌 10:21-28.2009
  6. 本間久子、石井清、田部陽子、草間伊智子、前納意美子、堀井隆、三宅一徳、佐藤尚武、三井田孝、大坂顯通.多項目自動分析装置XE-5000の基礎的検討と赤血球サイズ情報の評価.日本検査血液学会雑誌 10:367-374.2009
  7. 脇田満、田部陽子、石井清、三宅一徳、堀井隆、三井田孝、大坂顯通.尿中蛋白クレアチニン比による異常円柱出現の推定.臨床病理 57:1052~1057.2009
  8. 町田典子、大門雅夫、鶴見弘幸、宮崎彩紀子、堀口園子、日暮一美、中田実千代、杉山麻紀子、鈴木宏昌、大坂顯通、代田浩之.少量投与のドパミン作動薬ペルゴリドが原因と考えられた重症三尖弁逆流症の1例.日本心臓病学会誌 4:163-167.2009

和文著書

【2017年】

  1. 脇田満.尿ビリルビン検査、尿ウロビリノゲン検査.JAMT技術教本シリーズ 一般検査技術教本.丸善出版株式会社 2017;40-43
  2. 三澤成毅(分担執筆).耐性菌検査法ガイド.日本臨床微生物学雑誌 2017;27(Supplement)
  3. 三澤成毅(分担執筆).最新臨床検査学講座 臨床微生物学.医歯薬出版株式会社 2017
  4. 三澤成毅(分担執筆).臨床微生物検査技術教本(監修 日本臨床衛生検査技師会).丸善出版株式会社 2017
  5. 三澤成毅(分担執筆).臨床微生物検査ハンドブック 第5版(編集 小栗豊子).三輪書店株式会社 2017
  6. 三澤成毅(分担執筆).感染症医専門テキスト 第I部解説編 改訂第2版(編集 一般社団法人 日本感染症学会).南江堂 2017
  7. 三澤成毅(分担執筆).⑧薬剤感受性検査Q18 MICが低いのにR(耐性)、それってどうゆう意味?.感染症の診断って、こんなちょっとしたことで差がついちゃうんですね(編集 栁原克紀).南江堂 2017;44-45
  8. 三澤成毅(分担執筆).IV. 感染症サーベイランス 2. 多剤耐性菌サーベイランスの実際とその情報活用.厚生労働省平成29年度院内感染対策講習会テキスト.一般社団法人日本感染症学会.2017

【2016年】

  1. 堀井隆.第 1 章 医学的基礎知識D. 免疫学、遺伝子検査技術-遺伝子分析科学認定士テキスト-改訂第2版、宇宙堂八木書店、2016

【2014年】

  1. 久野豊.尿検査・腎機能検査の実際と臨床的意義-若手医師と臨床検査技師のために-.臨床病理レビュー 152:2014
  2. 竹村浩之.尿検査・腎機能検査の実際と臨床的意義-若手医師と臨床検査技師のために-.臨床病理レビュー 152:2014
  3. 堀井隆.尿検査・腎機能検査の実際と臨床的意義-若手医師と臨床検査技師のために-.臨床病理レビュー 152:2014
  4. 脇田満.尿検査・腎機能検査の実際と臨床的意義-若手医師と臨床検査技師のために-.臨床病理レビュー 152:2014

【2012年】

  1. 久野豊.糞便検査.一般検査技術教本.98-103.2012
  2. 脇田満.体腔液検査.一般検査技術教本.122‐131.2012

【2011年】

  1. 堀口園子、大門雅夫.今さら聞けない心エコー図100(村田和也 監修).メジカルビュー社.東京:18-19.31-33.36-37.72-73.2011
  2. 三澤成毅.Ⅲ 微生物検査 C芽胞染色 130 メラー法.Medical Technology(別冊)最新 染色法のすべて.医歯薬出版.東京:342-343.2011
  3. 三澤成毅.Ⅲ 微生物検査 C芽胞染色 131 ウィルツ法.Medical Technology(別冊)最新 染色法のすべて.医歯薬出版.東京:344.2011
  4. 三澤成毅. すぐ役立つ!感染対策実践マニュアル(第2版).じほう.2011
  5. 三澤成毅. 2.薬剤感受性検査のよみ方-よめますか?感受性検査-.臨床感染症ブックレット3.文光堂.東京:73-78.2011

【2009年】

  1. 久野豊、脇田満.第2章尿沈渣1.尿沈渣検査の基本手技、2.健常者でも出現しやすい成分.カラー図解 一般検査ポケットマニュアル(伊藤機一、高橋勝幸 監修).羊土社.東京:58-75.2009

和文総説・その他報告

【2018年】

  1. 大澤和彦、堀井隆:臨床検査室の認定.MEDICAL TECHNOLOGY 46:791-796、2018
  2. 中村文子、小倉直也:特殊微生物、病原体の検査法「嫌気性菌」.臨床と微生物 45:129-134、2018
  3. 三澤成毅:感染性胃腸炎.臨床栄養、133(4)臨時増刊号:525-528、2018
  4. 三澤成毅:A guide to utilization of the microbiology laboratory for diagnosis of infectious disease. 臨床検査、62(10)臨時増刊号:1330-1343、2018
  5. 三澤成毅:Ⅳ-2.多剤耐性菌サーベイランスの実際とその情報活用、厚生労働省委託事業 平成30年度院内感染対策講習会テキスト、70-73、一般社団法人日本感染症学会、2018
  6. 脇田満:尿検査のみかた、考えかた 9. 尿中の結晶や円柱の評価と意義、51-58 中外医学社、2018

【2017年】

  1. 脇田満.一般検査ベーシックマスター 基礎から学ぼう一般検査 尿定性検査. 検査と技術. 医学書院 2017;45(3):182-189
  2. 三澤成毅.技術的要求事項と検査室の整備:微生物検査部門 微生物検査室が準備すべきこと.臨床検査 2017;61(5):340-346
  3. C. difficile感染症1日多施設共同ワーキング(代表 舘田一博).日本化学療法学会 公益目的プロジェクト Clostridium difficile感染症1日多施設共同研究.日本化学療法学雑誌 2017;65(1):1-3
  4. 大澤和彦、堀井隆.臨床検査部門の認定制度.臨床検査.医学書院 2017;61(4):554-555
  5. 竹村浩之.一般検査ベーシックマスター 一般検査の「質」を保つTips&Techniques
  6. Situation2-検査の実施 穿刺液検査. 検査と技術. 医学書院 2017;45(3):360-366

【2015年】

  1. 中村文子.多剤耐性菌の検査と感染制御 8 アンチバイオグラム 順天堂大学医学部附属順天堂院、臨床と微生物、42(増刊号):649-651、2015
  2. 中村文子、近藤成美.技術講座(微生物)step up編 グラム染色の威力!ブドウ球菌の形態学的判別、検査と技術、43:1300-1304、2015
  3. 堀井隆.免疫血清学 改訂2版(2)間接(受身)凝集反応、日本臨床検査同学院通信、臨時増刊 第4号:8-14、2015
  4. 三澤成毅.2.呼吸器感染症、化学療法の領域、31(増刊号):1104-1112、2015
  5. 三澤成毅.遺伝学的検査-菌種の同定は呼吸器感染症をどう変えるか、感染と抗菌薬、18:219-228、2015

【2014年】

  1. 三澤成毅.日本臨床検査同学院の微生物学認定試験:モダンメディア60(3):102-108.2014
  2. 三澤成毅.培養・同定検査:臨床検査58(11)増刊号:1235-1241.2014
  3. 長南正佳、中村文子:臨床微生物イエローページ-インフルエンザ菌-.臨床検査 58(11);1362-1365.2014
  4. 長南正佳、中村文子:臨床微生物イエローページ -モラクセラ・カタラーリス-.臨床検査 58(11);1366-1368.2014
  5. 中村文子、佐々木ひとみ:臨床微生物の効率化に向けて菌種の推定同定に役立つ培地と使い方-グラム陽性球菌(MRSA、VRE、GBS)-.臨床と微生物 41(5);419-422.2014
  6. 中村文子:臨床微生物の効率化に向け-日常検査における各種検体と培地の使い方-.臨床と微生物 41(5);491-493.2014
  7. 脇田 満.根拠がわかる 検体の採取と取り扱い これはダメ!Medical Technology 42:1362-1365.2014

【2013年】

  1. 三澤成毅.臨床検査の展望:微生物検査.臨床検査 57():17-25.2013
  2. 堀井隆.Advanced Plactice:血清、輸血.臨床検査 57(4):452、465.2013
  3. 堀井隆.Advanced Plactice:血清、輸血.臨床検査 57(6):678、690、2013
  4. 中村文子,高原拓也.Erysipelothrix rhusiopathiae,臨床と微生物 40(増刊号):523-526.2013
  5. 三澤成毅.臨床検査の展望:微生物検査,臨床検査 57(1):17-25.2013
  6. 三澤成毅.Advanced Plactice:微生物,臨床検査 57(7):790.811.2013
  7. 三澤成毅.Advanced Plactice:微生物,臨床検査 57(9):1031.1050.2013
  8. 三澤成毅.はじめよう検査説明:黄色ブドウ球菌や肺炎球菌と,大腸菌のような腸内細菌科や緑膿菌では,薬剤感受性検査の対象となる抗菌薬が異なるのはなぜですか?,臨床検査 57(11増刊号):1352-1353.2013
  9. 三澤成毅.Bartonella spp.,臨床と微生物 40(増刊号):563-567.2013
  10. 久野豊.糞便検査、精液検査、CAPD排液検査、喀痰検査、胃液検査、十二指腸液検査、気管支肺胞洗浄液検査、鼻汁検査、羊水検査、結石検査、手洗い:臨床検査総論.標準臨床検査学:97-98.112-126.付録.2013
  11. 久野豊.便検査:カラー版 消化器病学.基礎と臨床:209-212.2013
  12. 久野豊.はじめよう検査説明:尿蛋白の定量値と定性検査の乖離している原因を教えて下さい.臨床検査 57(11増刊号):1206-1207.2013
  13. 堀井隆.次世代に残したい用手法検査 血清補体価Mayer法、臨床検査 57:1663-1667.2013

【2012年】

  1. 堀井隆.免疫血清学(2)間接(受身)凝集反応.日本臨床検査同学院通信 37:57-60、2012
  2. 堀井隆.臨床検査のすべて、免疫血清検査のキャリーオーバーについて教えてください.臨床検査 56(11):1172-1173.2012

【2011年】

  1. 三澤成毅.知っておきたい!自動化時代の落とし穴 8.微生物検査関連装置.Medical Technology 39:155-159.2011
  2. 三澤成毅. 効率的な日常検査の組み立て方.Medical Technology 39(1).2011
  3. 三澤成毅. 微生物検査の教育プログラム-微生物検査の効果的なトレーニング法-⑭糞便の検査.臨床と微生物38:427-429.2011
  4. 三澤成毅.微生物検査の教育プログラム-微生物検査の効果的なトレーニング法-⑱学会発表,論文作成.臨床と微生物38:444-446.2011

【2010年】

  1. 中村文子、近藤成美.ONE POINT MEMO No.205 臨床検査ひとくちメモ.モダンメディア56:250-256.2010
  2. 久野豊、竹村浩之.自動血球分析装置を用いた脳脊髄液や体腔液の検査.検査と技術 38:71-73.2010

【2009年】

  1. 三澤成毅.薬剤感受性測定法と耐性菌 1薬剤感受性測定法の種類 自動機器.臨床と微生物 36(増刊号):544~553.2009/li>
  2. 近藤成美、中村文子、三井田孝.見直されるグラム染色(性分泌物の塗抹検査).Medical Technology 37:941-946.2009/li>
  3. 石川恵子、見上裕美子、紺靖枝、中村文子.感染症と顕微鏡検査の所見・腸管感染症.検査と技術 37:946-950.2009