薬剤部長の挨拶

近年、医療の高度化に伴いそのニーズは多様化しております。その波が薬剤師にも波及していることは当然の事であり、特に病棟薬剤業務実施加算などを期に、病院に勤務する薬剤師の業務は大きな変化を求められております。

外来、病棟での業務は勿論、チーム医療の一員として、より臨床に近い所での活躍が期待され、求められているのです。「医薬品の適正使用」及び「医薬品の安全管理」が大きな薬剤師業務の基礎であることは言うまでもありませんが、より積極的な薬物治療への関与が重要になってきているのです。疾患別や病態別の薬物治療ではなく、個人に適した個別の薬物治療が求められる時代です。そのニーズに薬剤師が十分に応えることが質の高い、そして安全な薬物治療を提供出来る事に繋がってまいります。

また、大学病院薬剤部として、薬学生やレジデントの受入など、薬剤師の育成、教育及び研修にも積極的に関与し、臨床研究等にも注力出来る様、薬剤部一同力を合わせ頑張っております。

薬剤部長 荒川 隆太郎