診療科・部門Department Information

消化器内科

診療日

診療科紹介

外来診療

外来は毎日午前・午後に、予約体制を基本として各担当医は、消化管疾患、肝疾患、胆膵疾患すべての患者さんを診察致します。また病診連携を原則とし紹介医と医療連携を行っております。各種検査も放射線科と連携し、腹部超音波検査、胃・大腸内視鏡検査、腹部CT検査、MRIなど多くの内視鏡や超音波、放射線を用いる検査が行われています。その他、ヘリコバクター・ピロリ菌の診断目的での尿素呼気テストや除菌療法も行っております。また、当医療センターではPET-CTがあり、がんの患者さんに検査を行っております。

入院診療

入院での治療は、消化器内科医3名と内科研修医が担当医として治療を行っております。各種検査入院や食道、胃、大腸のポリープまたは早期がんなどに対し内視鏡的粘膜切除術を行っています。粘膜下層剥離術等のより高度な治療は順天堂本院と連携して行っています。急な吐血や下血に対しては緊急で内視鏡検査・治療を行います。腸閉塞も多い疾患ですが、発症した場合はイレウスチューブ挿入にて減圧療法を行い、原因が悪性疾患の場合は当院消化器外科に紹介し手術療法を行っています。肝がんに対しては、放射線科と連携して選択的肝動脈造影法を利用した腫瘍動脈塞栓術(TAE)を行っております。胆石や胆管結石に対しては、根本的治療(内視鏡的乳頭切開及び砕石術、悪性胆管閉塞に対する内視鏡的ステント挿入術等)を行っています。また質の高い診療に努めており、毎週内科全体の研修医カンファレンス及び消化器疾患カンファレンスも行っております。

対象疾患

消化器内科は消化管(食道, 胃, 大腸)・肝・胆・膵疾患を主たる対象疾患としております。具体的には上部消化管では胸焼けや呑酸を来たす逆流性食道炎や腹痛の原因となる急性および慢性胃炎および胃潰瘍や十二指腸潰瘍、機能性ディスペプシア、下部消化管では大腸ポリープ切除が主たる治療です。その他炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)や便秘・下痢といった大腸の機能性疾患(過敏性大腸症候群)及び腸閉塞に対して治療を行っています。また肝臓では、ウィルス性肝炎・自己免疫性肝炎・肝硬変、そしてアルコール性肝障害や脂肪肝など肝機能異常を示す疾患が対象となります。胆膵系の疾患も多く、胆石症やそれに伴う胆道感染症、急性・慢性膵炎などですが、この他に小腸疾患や腹膜疾患なども対象疾患となります。また悪性疾患としては、上下部消化器癌、肝臓癌、胆・膵癌おける早期・進行がんから手術適応のない患者さんまで幅広い分野をカバーし、他病院との連携も密にしながら治療にあたっています。

トピックス

ヘリコバクター・ピロリ感染による慢性胃炎に対する除菌療法が保険適応疾患に認定されました。胃がん発症との関連性も重要視されています。そのためヘリコバクターピロリ陽性場合は除菌療法を積極的に行っています。
また、高齢人口の増加に伴いC型慢性肝炎患者も高齢化しております。その根本的治療法はインターフェロン治療でしたが、最近では著しく副作用の少ない経口薬のみを用いた治療である直接作用型抗ウイルス薬(DAA)による治療効果が実証されております。当医療センターでは、常勤3名、非常勤1名の肝臓専門医で対応致します。

臨床研究への取り組み

スタッフ紹介

浅岡 大介(あさおか だいすけ)
消化器内科 科長
順天堂大学卒
順天堂大学医学部消化器内科学 先任准教授

専門分野
一般・消化管、肝胆膵、GERD(胃食道逆流症)、機能性ディスペプシア、ヘリコバクターピロリ感染症、慢性便秘、フレイル、サルコペニア、骨粗鬆症、腸内細菌
学会・資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会 専門医・関東支部評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本肝臓学会 専門医・指導医、日本消化管学会 胃腸科認定医・専門医・指導医、日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医・評議員、 日本医師会 認定産業医、日本骨粗鬆症学会 認定医、日本神経消化器病学会 会員、日本高齢消化器病学会 会員、日本サルコペニア・フレイル学会 会員
稲見 義宏(いなみ よしひろ)
獨協医科大学卒
順天堂大学医学部消化器内科学 准教授

専門分野
一般・消化管、肝胆膵
学会・資格
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医・指導医、
日本消化器内視鏡学会 専門医、日本消化管学会専門医・指導医
竹田 努(たけだ つとむ)
宮崎大学卒
順天堂大学医学部消化器内科学 助教

専門分野
一般・消化管、肝胆膵、ヘリコバクターピロリ感染症
学会・資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会 専門医 日本消化器内視鏡学会 専門医、日本肝臓学会 専門医、日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
鈴木 麻衣子(すずき まいこ)
順天堂大学卒
順天堂大学医学部消化器内科学 助手

専門分野
一般・消化管、肝胆膵
学会・資格
日本内科学会 認定内科医
阿部 大樹(あべ だいき)
岩手医科大学卒
順天堂大学医学部消化器内科学 大学院生

専門分野
一般・消化管
学会・資格
日本内科学会 会員、日本消化器病学会 会員、日本消化器内視鏡学会 会員、日本ヘリコバクターピロリ学会 会員

診療実績・業績

診療実績

平成29年度

外来延患者数18,868名(うち初診 826名)
入院延患者数8,605名(うち新入院患者数 816名)

内視鏡 実績

平成28年度

上部内視鏡1,716例
下部内視鏡1,091例
大腸ポリープ切除件数534例

2018年1月~12月 業績

英文原著

Takeda T, Matsumoto K, Nagahara A, Komori H, Akazawa H, Nakagawa Y, Izumi K, Matsumoto K, Ueyama H, Shimada Y, Asaoka D, Hojo M,  Yao T, Watanabe S Effect of Esophageal Endoscopic Submucosal Dissection on Motility and Symptoms: A Prospective Study Gastroenterology Research and Practice Volume 2018, Article ID 3735473, 10 pages
 
Takeda T, Nagahara A, Ishizuka K, Okubo S, Haga K, Suzuki M, Nakajima A, Komori H, Akazawa Y, Izumi K, Matsumoto K, Ueyama H, Shimada Y, Matsumoto K, Asaoka D, Shibuya T, Sakamoto N, Osada T, Hojo M, Nojiri S, Watanabe S. Improved Visibility of Barrett's Esophagus with Linked Color Imaging: Inter- and Intra-Rater Reliability and Quantitative Analysis. Digestion. 2018;97(2):183-194.

国際学会発表

Takeda Tsutomu, Matsumoto Kenshi, Nagahara Akihito, Akazawa Yoichi, Komori Hiroyuki, Izumi Kentaro, Matsumoto Kohei, Ueyama Hiroya, Shimada Yuji, Asaoka Daisuke, Hojo Mariko, Watanabe Sumio A case of esophageal motility disorder in systemic sclerosis treated by acotiamide The 11th International Gastrointestinal Consensus Symposium” in The 14th Annual Meeting of The Japanese Gastroenterological Association 2018 (Tokyo). February 10, 2018.
 
Takeda T, Asaoka D, Komori H, Akazawa Y, Suzuki M, Izumi k, Matsumoto K, Ueyama H, Sasaki H, Shimada Y, Matsumoto K, Shibuya T, Sakamoto N, Osada T, Hojo M, Nagahara A  Improved visibility of the Kyoto Classification of Gastritis with Linked Color Imaging. 32nd EUROPEAN HELICOBACTER & MICROBIOTA STUDY GROUP 2018 (Kaunas, Lithuania) (Poster). September 14, 2018.
 
Suzuki M, Kon K, Morinaga M, Uchiyama A, Aoyama T, Fukada H, Yamashina S, Ikejima K. The role of endoplasmic reticulum stress on alcoholic liver injury in a murine model of chronic-binge ethanol feeding. The 19th ISBRA. (Kyoto) September 9, 2018.

和文総説

浅岡大介、佐々木仁、北條麻理子、永原章仁 Review (3次除菌治療の現状) 日本ヘリコバクター学会誌 Vol.20 No.1 2018515
 
浅岡大介、特集『消化管治療薬外来での使いどころ』(5. ヒスタミン受容体) 臨床雑誌内科 121 2(20182月号)
 
浅岡大介、竹田努、永原章仁 <特集:GERD診療2018-現状と課題>GERDの診断 2.内視鏡診断 「臨牀消化器内科」Vol.33 No.3 (20183月号)

国内学会発表

浅岡大介、永原章仁、佐々木仁、竹田努、鈴木麻衣子、嶋田裕慈、松本健史、上山浩也、松本紘平、赤澤陽一、泉健太郎、北條麻理子高齢者の下剤使用者における便秘症状・Fスケールの検討14日本消化管学会総会学術集会 (京王プラザ) 2018210
 
浅岡大介、竹田努、佐々木仁、鈴木麻衣子、嶋田裕慈、松本紘平、松本健史、上山浩也、小森寛之、赤澤陽一、泉健太郎、北條麻理子、永原章仁高齢者におけるフレイルと便秘の関連の検討21日本高齢消化器病学会 (ホテルグランデはがくれ) 201883
 
佐々木仁、竹田努、中川裕太、浅岡大介、北條麻理子、永原章仁ボノプラザンによる高齢者ヘリコバクター・ピロリ除菌治療24回日本ヘリコバクター学会学術集会 (レンブラントホテル大分) (ポスター) 2018630
 
竹田努、浅岡大介、鈴木麻衣子、赤澤陽一、小森寛之、泉健太郎、松本紘平、上山浩也、佐々木仁、嶋田裕慈、松本健史、北條麻理子、永原章仁食道バレット粘膜における Linked Color Imaging観察の有用性 検査者間、検査者内一致度と定量的解析50回胃病態機能研究会 (京王プラザホテル) (Young investigator session) 2018211() 
 
竹田努、浅岡大介、北條麻理子、永原章仁上部消化管内視鏡におけるLinked Color Imagingの視認性の検討:定量的解析106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会    (シェーンバッハサボー) (パネルディスカッション) 2018617
 
竹田努、浅岡大介、鈴木麻衣子、赤澤陽一、小森寛之、泉健太郎、松本紘平、上山浩也、佐々木仁、嶋田裕慈、松本健史、北條麻理子、永原章仁. LCIlinked color imaging)観察における十二指腸発赤所見とH.pylori感染との関連の検討95日本消化器内視鏡学会総会 (プリンスホテル新高輪) 2018510
 
竹田努、浅岡大介、佐々木仁、鈴木麻衣子、赤澤陽一、小森寛之、泉健太郎、松本紘平、上山浩也、松本健史、北條麻理子、永原章仁便秘と下剤使用との関連Constipation Scoring SystemBristol Stool Scaleを用いた検討~26JDDW 2018 (60回日本消化器病学会大会) (神戸コンベンションセンター) 2018111
 
竹田努、浅岡大介、永原章仁逆流性食道炎におけるLinked Color Imaging観察の有用性の検討26JDDW2018 (96回日本消化器内視鏡学会総会) (神戸コンベンションセンター) (パネルディスカッション) 2018112
 
鈴木麻衣子、今一義、内山明、青山友則、山科俊平、池嶋健一、Chronic-Binge. エタノール投与モデルマウスにおけるERストレスの役割37JASBRA (新横浜プリンスホテル) 2018126.
 
鈴木麻衣子、今一義、内山明、青山友則、山科俊平、池嶋健一、Chronic-Binge. アルコール性肝炎モデルにおける小胞体ストレスの役割25肝細胞研究会(東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホール) 2018712