診療科・部門Department Information

理念・部門紹介

理念

  1. 事故防止に努め、医療安全と接遇を心がけた医療サービスを提供します
  2. 保険・医療・福祉と連携し、チーム医療の実践を図ります
  3. 患者さんの身体・精神・認知機能と生活機能の回復を促進するように努めます

当センター リハビリテーション施設基準

 施設基準
脳血管疾患
運動器疾患
呼吸器疾患
廃用症候群
認知症患者リハビリテーションあり
がん患者リハビリテーションあり

教育システム

  • リハビリテーション科医師に対する教育(日本リハビリテーション医学会研修施設)
  • 患者さんの問題点や治療を検討するケースカンファレンス
  • 定期的な実技練習、文献抄読会
  • 研究、学会発表
  • 新人教育
  • 職員教育
  • 院内研修

社会的活動

部門紹介

理学療法部門(理学療法士9名)

理学療法では、日常生活を送る上で妨げとなる様々な障がい(怪我や病気)に対し、医師の指示のもとで運動療法を行っております。1人1人の患者さんに合わせた環境調整や生活管理も行い、日常生活と社会参加の向上を目指しております。患者さんを包括的に評価し、基本的な運動能力を最大限に向上できるようサポートしております。内科・外科問わず様々な疾患を持つ患者さんを対象としております。

理学療法 1

運動療法室(約400㎡)にて、個別治療を中心に行っております。和室や階段などの自宅を想定した環境や、坂道や手すりのある屋外歩行練習コースも設けており、退院後の生活を想定した運動療法を実施しております。

作業療法部門(作業療法士7名)

作業療法では、身体や精神に障がいのある患者さんに対して、その人らしく生活を送れるよう、諸機能の改善・維持を目的に、作業活動を用いて治療や援助を行っております。日常生活においての基本動作や仕事、余暇活動などの全ての活動が、治療の手段や目的となります。

作業療法1

作業療法2

患者さんの多くは、運動・感覚機能だけでなく、姿勢やバランス機能にも障がいをきたすことがあります。それらが、更衣や整容動作、食事動作などの日常生活動作にも影響を与えることがあります。私たち作業療法士は、患者さんの日常生活上の問題点を評価し、理学療法士や言語聴覚士、病棟スタッフと連携をとり、身体機能面と精神機能面の改善・維持を目的に治療および援助を行っております。また、退院前にはご家族に対し、自助具の検討や環境設定などを含めた日常生活に対する介入の仕方・援助方法も検討致します。

言語聴覚療法部門(言語聴覚士3名)

言語聴覚療法では、「失語症」や「構音障害」などのコミュニケーションの障害を持つ患者さんに対し個別に治療を行っております。

また、食べ物が口からこぼれてしまう、うまく噛むことができない、飲み込むことができないなどの「摂食嚥下障害」に対し、食事の姿勢や食べ方、食べ物の形や固さの検討、栄養摂取方法などを摂食・嚥下障害看護認定看護師とともに検討し、個別に治療を行っております。

言語療法1

言語療法2

生活機能回復訓練部門(専従作業療法士1名)

当センターには、認知症治療病棟(43床)があり、専従の作業療法士を中心に生活機能回復のための訓練及び指導を実施しております。

内容は、ラジオ体操、散歩、映画、革細工などの集団活動や創作活動を中心としたプログラムと、年間約6回、納涼会や運動会などの季節の行事も行っております。また、個々の身体機能にあわせて生活場面での治療や介助方法の検討を、ご家族や他職種との連携を図りながら行っております。

生活機能回復訓練1

生活機能回復訓練2

生活機能回復訓練3