診療科・部門Department Information

PRP療法による再生医療のご案内

自己多血小板血漿(PRP)による療法

患者さん自身の血液から作成されたPRP(血小板が多量に含まれている血漿のこと)を体の痛んでいる部分に注入し、治りにくいものや治るまでに時間を要する怪我や関節炎の治療に用い、患者さん自身が元々持っている修復力をサポートする治療法です。整形外科では関節炎やスポーツによる怪我の治療に用いられています。日本人スポーツ選手では、大リーグの大谷翔平選手や田中将大選手が肘関節の治療にPRP療法を行ったことが知られております。

何故 効果があるのか?

血小板には”血液を固める働き”と"組織の修復を促す成長因子を出す働き"があります。皆さんも日常生活で経験することがあると思いますが、切り傷で出血した後しばらくすると血が止まり傷口は自然と治ります。足首をねんざした後に患部が内出血により腫れ、その後青あざとなり、徐々に腫れが消えていきます。この治癒過程に重要な役割を果たしているのが血小板です。血小板の働きにより私たちの体は自己防御力をもち自分の力で治すことができます。そこで、血小板を多量に含んだPRPを傷んでいる部分に注入し修復力を引き出すことが可能な治療がPRP療法です。

対象症例

  1. 変形性膝関節症
  2. 難治性腱炎:上腕骨外上顆炎、アキレス腱炎
  3. スポーツ関連疾患:外傷、変性
いずれの疾患も従来の治療への反応性に乏しい方で、かつ医療費も含めたこの治療にご理解があり希望される患者さんに実施をお勧めいたします。

変形性膝関節症に対するPRP加療

当医療センターでは病院の背景上、スポーツ外傷患者より中高年齢者の変形性関節症の患者さんが、この治療の大半を占めることになります。
変形性膝関節症は変形の進行に伴い、軟骨がすり減り半月板が傷ついて炎症により膝が腫れたり水が溜まったりします。今までは下肢筋力運動療法や消炎鎮痛剤の内服や湿布薬、ヒアルロン酸注射など行ってきました。こういった既存の治療で多くの患者さんの症状は概ね改善されますが、しかし、これらの治療の効果が少なく症状が増悪する場合には、膝周囲骨切り術(膝周囲の骨を切ることでO脚やX脚を修正する治療)や人工膝関節置換術を行っております。
一方、従来の保存治療では効果が少ないが、現段階で手術までは考えていない、もしくは手術が必要なほどは膝の変形が進行していない患者さんに対してPRP療法の適応があります。PRPは自分の血液なので薬を飲むことによる副作用を起こすことも少なく、数ある保存療法のうちの一つの選択肢として欧米でも普及しておりお勧めできる治療法です。治療目的は関節炎による炎症を抑え痛みを緩和すること、軟骨のすり減りによる変形の進行抑制です。

治療の流れ:当日のスケジュール

整外(PRP作製)

採血⇒遠心分離(PRP作成)⇒関節内注射
  1. 約20ccの血液を採取します
  2. 採取した血液を遠心分離機にかけてPRPを抽出します
  3. 抽出されたPRP約4ccを患部(関節内)に注入します
  4. 注射後は約15分間、患部にPRPが集中するよう安静にしていただきます

治療回数と評価

当科では、通常1か月の間隔で3回行い、その後3か月後(治療開始から半年後)に除痛効果や日常生活での改善度を、注射を行う前後で患者立脚型評価(アンケート)とレントゲンやMRIなどの画像所見で評価いたします。残念ながら効果がなかった方でも、その後手術(高位脛骨骨切り術や人工膝関節全置換術)治療を受ける事は可能ですのでご安心下さい。

PRP加療の費用・スケジュール

日本ではまだ保険診療として認可されていないため自由診療となります。当医療センターでのPRP注射一回にかかる費用は初診で片膝:約50,000円(税別)です。
PRPは再生医療の一つですが、先進医療や高額医療補助の対象とはなりません。注射実施日の痛み止めや湿布の処方、および検査もすべて自費となりますのでご注意ください。

メリットとデメリット

患者さん自身の血液を使用する治療のため副作用が少ないことが大きなメリットです。
一方、自由診療のため治療費の負担んが大きいこと、また治療効果に個人差がある点がデメリットです。
一般の飲み薬同様、同じ症状でもPRP療法が効く患者と、効きにくい患者がいることは事実です。
本治療を行うにあたり、第2・3種再生医療として以下の申請をしています。
厚生労働省(再生医療等提供計画PB3200068)
日本先進医療医師会 特定認定再生医療委員会認定番号NA8160004
PRP療法に関心のある方は、整形外科外来を受診してください。

本治療の適応か否かを診断するため、一度は保険診療での通常の受診をしていただきます。

お問い合わせは以下までお願いします。(外来:毎週水、木)
医事課 予約係 TEL:03-5857-5111 (平日9:00-17:00 土曜日9:00-12:00)