365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
ペインクリニック外来について

麻酔科・ペインクリニック

2層_r18_c1

ペインクリニック外来

ペインクリニックとは?

主に痛みを治療する診療で「神経ブロック治療」を中心とした方法により痛みを和らげ、日々の生活を過ごしやすくするのが専門です。痛みは、生態に対する警告反応であり、自分を守るために必要な感覚です。たとえば、火傷や骨折をしても痛みを感じないと全く気がつきません。それでは困ります。しかし痛みがむやみに、また異常な強さで持続し、日々の生活に支障をきたすようになると、ただ不快な感覚となるだけで治療が必要となります。そのような「痛み」が対象となります。
 ペインクリニックで診る主な疾患を表に示しました。このようにいろいろな痛みの治療をしていますが、痛み以外の一部の疾患でも治療の対象となります。 
ペインクリニックで診る主な疾患

痛みのある疾患
1)頭痛・頭部の神経痛・顔面の痛み
偏頭痛、群発頭痛、緊張性頭痛、その他の頭痛、三叉神経痛、舌咽神経痛、後頭神経痛、顎関節症、非定型顔面痛など
2)筋肉や骨が原因の痛み
頸・肩・腕の痛み頸椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、肩関節周囲炎、外傷性頚部症候群、肩こりなど
胸の痛み胸部変形性脊椎症、胸椎圧迫骨折、胸椎椎間板ヘルニア、肋間神経痛など
腰・下肢の痛み腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、慢性腰痛症、腰椎椎間関節症、腰椎圧迫骨折、腰椎手術後の痛みなど
慢性の会陰部・
肛門の痛み
 
3)帯状疱疹の痛み・帯状疱疹後神経痛
4)神経因性疼痛
CRPS、幻肢痛、視床痛、糖尿病性の神経障害など
5)上肢や下肢の血行障害
閉塞性動脈硬化症、バージャー病など
6)心因性の痛み

痛みのない疾患
顔面神経麻痺、顔面けいれん、突発性難聴、網膜動脈閉塞症などの眼科疾患、筋性斜頸など

がんの痛み

 

診療実績

H29ペイン外来患者

神経ブロック治療とは?

痛みの原因となっている神経やそのかたまりに向かって細かい針を刺して、局所麻酔薬などのいろいろな薬を注入して神経の働きを一時的にまたは半永久的に抑えて痛みを和らげる方法で、いろいろな種類があります。用いられる方法は、症状のある部位によって決まります。もっとも多く行われる方法は、星状神経節ブロックと硬膜外ブロック(写真)です。注射をするときに少しの痛みはありますが、その後に劇的な痛みの軽減を認めることが多くあります。

神経ブロック治療だけですか?

そうではありません。内服薬や軟膏を使うこともありますし、近赤外線照射を用いる光線療法も用いています。また、神経に熱を加えて痛みを和らげる高周波熱凝固療法も用いています。脊髄を電気で刺激し痛みを和らげ、血流を改善する硬膜外脊髄刺激電極療法も行います。
痛みにお困りでしたらまず、ご相談ください。無用な痛みは必要ありません。

麻酔科・ペインクリニック

腰部硬膜外ブロック
腰や下肢に痛みがある患者さまに良く用いられます。飲み薬で良くならない患者さまの70%程度は痛みが和らいでいきます。

病院のご案内

TOP