365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
診療実績(血液内科)

血液内科

Adobe Reader XI.lnk_r7_c1

診療実績

診療実績:日本血液学会認定施設

診療疾患:白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの腫瘍性疾患、再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、鉄欠乏性貧血などの貧血症、特発性血小板減少性紫斑病など出血を起こす病気

血液疾患の特徴

貧血性疾患、悪性リンパ腫、骨髄異形成症候群などが多く、これは一般血液内科疾患の頻度に従っていると言えます。
白血病、急性白血病が多い事も地域に根ざした病院の特徴といえます。
外来・入院患者数の推移
開院以来、患者数を総括しますと、上図のように外来数が上昇しており今後症例数の増加見込まれます。血液内科の持つ高い専門性のために血液内科関連病院が全国的に不足している状況に加え、練馬近隣においても同様に不足している状態であります。当院の血液内科の必要性が増大する事は明らかであり、スタッフの増員も予定されており今後益々飛躍していくものと考えています。

H30血内外来

H30血内入院

取得できる資格

日本内科学会:内科認定医、内科指導医、内科専門医、血液内科専門医

後期臨床研修医・2年目初期臨床研修医募集に向けてメッセージ

当院では内科診療教育体制の一つとして毎週月曜日朝8時から各科の症例を提示してカンファレンスを行い研修医・学生諸君が参加しています。内科の連携を生かす病棟があり、内科(呼吸器、腎臓、血液、膠原病、糖尿病・代謝)の同一フロアー(7B)で診療しています。研修医諸君の核となる病棟としてカンファレンスや研究会などを取り入れて充実を図りたいと考えています。血液疾患に合併する重症感染症、多臓器不全を内科の連携を生かし診断治療の高度化に努めたいと思っています。また血液疾患、とくに造血器腫瘍疾患の形態学の勉強の一貫として土曜日に専門分野のスタッフが集まり骨髄像の検鏡会を行っています(写真)。臨床検査部内科全般を理解しかつ各内科の専門性の高い内科医を希望する研修医の先生をお待ちしています。

血液後期臨床研修医・2年目初期臨床研修医募集に向けてメッセージ

病院のご案内

TOP