365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
診療実績(耳鼻科)

耳鼻咽喉・頭頸科

耳鼻咽頭

診療実績

当科で扱う病気・分野

耳鼻咽喉科・頭頸科全般の疾患を扱いますが、地域連携の大学病院として、手術や入院・専門性を必要とする疾患、一般病院では扱えない疾患を主として扱っています。
We manage most of otolaryngological disorders.
However, primary disorder, such as otitis media, rhinitis, pharyngitis, etc., we strongly recommend to consult primary physician or otolaryngological clinic first.

当院での主な診療/手術症例

主な手術
鼓室形成術(慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎など)、鼻内内視鏡手術(副鼻腔炎)、鼓室換気チューブ留置術・口蓋扁桃摘出術・アデノイド切除(習慣性扁桃炎、アデノイド肥大、滲出性中耳炎)、頸部腫瘍摘出術(耳下腺、顎下腺、甲状腺)など
 他一般病院と比較して多い手術

顔面神経麻痺に対する手術:回復困難な高度麻痺の顔面神経麻痺には神経機能の評価の上、神経管開放術を行っています。術後はリハビリテーション科に移ります。

メニエール病に対する手術:発作を繰り返すメニエール病に対して、外来での換気チューブ留置並び入院での内リンパ嚢開放術を施行しています。

副鼻腔嚢胞性疾患:従来、外切開(額や口腔に切開を入れる)の必要がある症例でもナビゲーションシステム支援下で鼻内操作すなわち鼻の穴からのみでの開放操作を行っています。患者負担の軽減となります。

音声改善手術:反回神経麻痺による声がれに対して口腔内からの操作による声の改善手術を行っています。

外来診療
めまいと睡眠時無呼吸症候群についてはそれぞれ専門のスタッフが診療に当たっています。めまいは赤外線フレンツェル眼鏡、重心動揺計による神経耳科学的評価を行うほか、VOG(videooculography)による3次元解析もH29年度より導入予定です。睡眠時無呼吸症候群は順天堂本院(本郷)の睡眠時無呼吸外来スタッフとも連携し、適切な診断と評価を行います。
補聴器の相談も専門的な検査を実施し行っています。

緊急・入院症例
耳鼻咽喉科はのどを扱うことから致命的な呼吸困難を来すような緊急疾患を扱うこともしばしばです。咽頭・食道異物、頸部膿瘍、扁桃周囲膿瘍、外傷などの緊急を要する疾患の診断・処置・手術を行うほか、重症の顔面神経麻痺、突発性難聴、めまい疾患の入院治療を行っています。
 
We perform various kinds of surgeries for various otolaryngological disorders, such as tympanoplasty, endoscopic endonasal surgery, adenotonsilectomy, removal of tumors in the neck, such as the parotid, submandibular gland and thyroid.
Last year, we started to perfom facial nerve decompression for severe facial nerve palsy, endolymphatic sac operation for intractable Meniere disease and intraoral laryngealplasty for hoarseness patients suffering recurrent nerve palsy.
In out-patient clinic, various kinds of vertiginous diseases and obstructive sleep apnea syndrome (OSAS) are treated by each specialist.
 

外来・入院・手術患者の内訳

平成28年度は400近い診療施設から1300人弱のご紹介を頂いております。196人の患者さんが入院し、手術を受けられました。外来手術も含め手術件数は265件、最も多いのは鼻内副鼻腔手術で、耳の手術件数が増加しています。
手術は主に全身麻酔ですが、患者さんの状況によっては局所麻酔での手術が行われました。
 
Last year period (April 2016-March 2017), we had had consultations of approximately 1.300 referral patients from 400 institutes. We had 196 in-patient surgical cases and performed // surgeries. Endoscopic endonasal surgery was most common, however, numbers of ear surgery had dramatically increased.
Most patients underwent general anesthesia and few patient underwent local anesthesia according to patient‘s condition and/or kinds of surgery.
 
 

image011

耳鼻科 手術件数

取得できる資格

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医

後期臨床研修医・2年目初期臨床研修医募集に向けてメッセージ

当院での臨床研修によって専門医試験合格に充分な知識と技術が得られます。
意欲のある若手医師を歓迎します。

病院のご案内

TOP