365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
膠原病・リウマチ内科

膠原病・リウマチ内科

2層_r18_c1

Rheumatology

基本情報

膠原病・リウマチ内科概要

膠原病・リウマチ内科は、平成17年7月当院開院当初より診療をスタートし、徐々に医師も増え平成25年1月より4人体制で、練馬区を中心とした西東京の膠原病・リウマチ専門的診療の一翼として従事させていただいています。膠原病リウマチを中心とした全身性自己免疫疾患の患者さんを外来および入院病棟にて診療していますが、リウマチコントロール不良の患者さんには最新の生物学的製剤導入目的入院を勧めています。

対象疾患

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎、強皮症、シェーグレン症候群、各種血管炎など全身性自己免疫疾患

診療方法

採血尿などで自己免疫関連および全身状態をデータにて解析、およびX-P、CT、MRI、エコー、シンチグラムなど画像検査にて状態を把握し、最新の学会ガイドラインや診断基準に照らし合わせて診断させていただいています。どの疾患でもそうかと考えられますが、診断されたら早期治療が必要であり、よりわかりやすく説明し患者さんとのご相談のうえ、より効果的な、より比較的安全な治療法を選択し施行させていただきます。

診療体制

医師4名を中心に研修医や他科の先生方の協力の上、膠原病・リウマチ内科チームとして診療にあたらせていただいています。外来は月曜日から金曜日の毎日診療を行い、重症患者さんには入院にて加療させていただいています。最新の治療法である生物学的製剤導入目的入院も積極的に進めています。

病院のご案内

TOP