365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
業務内容

薬剤科

111_r28_c1

業務内容

1.調剤業務

調剤業務 

当院では「医薬分業」推進のため、外来患者さんには原則として『院外処方せん』を発行し、保険調剤薬局(患者さんのかかりつけ薬局)で薬を受け取っていただいています。
このため、薬剤科調剤室では、主に入院患者さんの内服・外用薬の調剤及び外来患者さんの治験薬、成長ホルモン剤などの薬の調剤を行っています。
薬剤師は、【調剤業務の流れ】に従って患者さんの服薬状況に合わせた薬剤の調製を行い、有効・安心・安全に薬物療法が行えるよう一助を担っています。
調剤業務の流れ 

①処方鑑査

医師が電子カルテ端末(オーダリングシステム)に処方入力し、薬剤師が処方を確認し、重複投与や相互作用等のチェックをしたうえで受付を行い、処方せん及び薬袋を発行します。

nagare-arrow

②調剤

処方せんに書かれている薬を取り揃えます。必要に応じて錠剤の1回分包装や、錠剤の粉砕、軟膏の混合など、患者さん一人ひとりに適した薬になるように調剤を行います。

nagare-arrow

③最終鑑査

調剤された薬は、薬を取り揃えた薬剤師とは別の薬剤師が改めて処方内容や相互作用、薬の種類・数量などに間違いがないかを確認します。

nagare-arrow

④お渡し

入院患者さんの薬は病棟へ配送、外来患者さんの薬は「お渡し窓口」で患者さんにお薬の説明を行った後、お渡しします。

保険薬局の皆さんへ
当院では、院外処方せんを発行しています。院外処方せんに関する疑義照会には、以下の手順で対応しています。また、後発医薬品への代替調剤を行った場合には、下記FAX番号まで情報提供をお願いいたします。

疑義照会手順
1.FAX受付FAX番号:03-5923-3230
処方せん(写)、疑義内容、連絡先(薬局名および電話番号)をFAXしてください。
なお、下記内容につきましては受付しておりませんのでご了承ください。
・在庫がないなどの理由による薬品名の変更
・後発品変更不可の指示がある処方薬の変更
2.薬剤科から処方医師へ照会
3.保険薬局へ電話にて回答

2.注射薬取り揃え

病棟業務(薬剤管理指導)

薬剤師は、注射処方せんの内容を確認し、投与量や投与方法が適正であるか、注射剤の配合変化や相互作用をチェックしています。
薬剤科では、注射薬自動払い出し装置を導入し、迅速かつ正確な注射薬の取り揃え作業を行っています。
患者さんごとに注射剤とラベルを揃え、1回分ずつトレーにいれていくことで、病棟での取り違いを防止し安全管理を行っています。

3.病棟業務(薬剤管理指導)

病棟業務(薬剤管理指導)

入院時の患者さんの持参薬の確認や、入院中の患者さんへの薬の説明を行っています。薬の説明を通して、正しく服用されているか、薬による副作用がないかなどを確認しています。
患者さんのみならず、医師や看護師、すべての医療スタッフが感じるちょっとした薬の疑問にいつでも応えられる「薬の専門家」であるよう努めています。

4.がん化学療法

当院 薬剤科では、有効かつ安全ながん化学療法を提供するために様々な業務を行っています。
(1)レジメン管理
当院では、院内で行われるすべての抗がん剤治療を組織的に管理しています。
薬剤科では、休薬期間や配合変化の有無、投与速度などの確認を行い、適切ないがん化学療法を提供できるようレジメン管理を行っています。
(2)抗がん剤調製

(2)	抗がん剤調製

全ての抗がん剤注射は、薬剤科内の安全キャビネットで調製しています。薬剤師のもつ専門知識と手技により、安全キャビネット内で無菌性・安全性を保ちながら、迅速かつ正確に調製することで、最良の抗がん剤を提供しています。
(3)薬剤師外来
2015年4月よりがん化学療法を行う外来患者さんを対象に「薬剤師外来」を開設しました。
がん専門薬剤師・がん化学療法認定薬剤師が、化学療法に関する治療内容、副作用及びご自宅での注意事項などの説明を行っています。
また、患者さんから得られた情報を担当医師へ伝達し、必要に応じて、担当医師に患者さん個々に適した処方提案を行います。
「薬剤師外来」受診をご希望の方は、担当医師へお知らせください。

5.院内特殊製剤・TPN調製

院内特殊製剤・TPN調製

市販されていない特殊な製剤を、医師の要望に応じて作成しています。このような薬を「院内製剤」と呼び、検査や治療目的に使用します。すべての院内製剤は、院内で承認を得て製剤を行っています。
薬剤科内に無菌室(クリーンベンチ3台)、感熱滅菌器、高圧蒸気滅菌器を配備し、高品質な院内製剤を提供しています。
また薬剤師が、無菌室を利用して中心静脈栄養輸液(TPN)の混合調製を行うことで、混合時の細菌混入を防ぎ、適切で安全性の高い薬物療法を提供しています。

6.DI(医薬品情報室)

DI担当薬剤師は、膨大な量の医薬品に関する情報の中から、必要な情報を収集・解析・整理を行い、医師、看護師、医療スタッフ、患者さんに医薬品に関する情報を随時発信しています。
また、電子カルテシステムの医薬品マスター設定を行っており、院内採用の有無、用法設定、最大投与量や処方日数制限など、処方オーダーに関わる全項目を管理することで安全で適正な薬物治療を提供するためのシステムを構築しています。   

7.医薬品管理(購入と供給)

院内で使用される医薬品を購入し、正確かつ円滑に供給するとともに、有効期限などの品質、在庫数量の管理及びセキュリティ管理を行っています。薬剤科内に補助員3名が常駐し、医薬品管理業務のサポートを行っています。
また災害時用の備蓄薬品も整備しており、災害拠点病院としての機能を果たすべく、万全の体制で医薬品を管理しています。

8.治験(GCPセンター)

GCPセンター担当の薬剤師が、治験コーディネーターや事務局業務など創薬のための治験に関わっています。治験が円滑に進むように治験薬の管理だけでなく医師のサポート、製薬企業との調整、患者さんへの説明など、治験を行ううえで重要な役割を担っています。
薬剤科では、治験薬の管理、治験薬の調剤(調製)及び治験薬の回収を行っています。

病院のご案内

TOP