電話番号

〒177-8521
東京都練馬区高野台3-1-10

背景色変更

文字サイズ

small
mideum
large
extra large
チーフ・レジデントコース

チーフ・レジデントコース

後期

研修プログラム

(1)目標
大学附属病院ならではの臓器別・専門別の高度な医療を経験・ラウンドすることで、質の高い診療能力を身につけ、地域社会に貢献できるプライマリ・ケア医の育成を目指します。
内科・外科に偏らず、広く産科・婦人科、小児科、救急・集中治療科、メンタルクリニック、リハビリテーション科、放射線科、臨床検査科・病理診断科など、それぞれの将来のライフ・プランに沿った診療科を選択することができます。

(2)研修期間
研修期間は1年間です。初期研修を修了した卒後3年目医師です。
半年間は内科病棟のチーフ・レジデントとして、各専門内科患者を横断的に担当すると共に、初期研修医のスーパーバイズを行います。治療方針などをattending doctorの指導のもとに決定し、日常診療のマネージメントを行います。担当患者は20人-30人、各専門内科3-5人程度になります。
残りの半年間のローテーション科は自由に選択できます。

(3)外来・当直
週1単位の外来診療を担当します。プライマリ・ケア医として、総合診療科外来を指導医のもとに担当します。また、昼間勤務時間内の救急患者の対応も、内科応答医、各専門科医の指導のもとに行います。
当直は内科系チーフ・レジデントの期間は月3-4回です。その他のローテーション科の期間については所属診療科により決定されます。

(4)所属
所属は、本学医学部は総合診療科研究室に登録し、練馬病院では院長直属となります。

(5)待遇
奨学金10万円(月額)程度を支給します。
実地臨床研修の一環として外勤(病診・病病連携)を週1~2日有給で従事でき、初期研修時より高い収入が得られるよう配慮します。
労災保険は負担しますが、社会保険は各自加入となります。

研修目標

大学附属病院の臓器別・専門別の高度な医療を経験、ラウンドすることで、初期臨床研修で学んだ基本的な診療能力をさらにレベル・アップすることができます。最終ゴールは、質の高いプライマリ・ケア医として、地域に貢献できる診療能力を身につけることです。

プログラム修了後は、さらに専門科での研修や、大学院進学、海外留学などでキャリア・アップを目指せます。

取得専門資格

日本内科学会専門医

募集定員

定員は若干名とします。
お問い合わせ先
順天堂大学医学部附属練馬病院・臨床研修センター
〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10 アクセス(地図
TEL:03-5923-3111(代)
FAX:03-5923-3197
メールアドレス kenshui@juntendo-nerima.jp

初期臨床研修のご案内