365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
院長メッセージ;安倍首相の緊急事態宣言を受けて、患者さまへ

2020.4.8

院長メッセージ;安倍首相の緊急事態宣言を受けて、患者さまへ

院長メッセージ;安倍首相の緊急事態宣言を受けて、患者さまへ
 
 ご承知のように、4月7日夕刻に、安倍首相から緊急事態宣言が、東京都をはじめとした7都府県を対象に発出されました。
 
 当院ではこれと同時に、病院として災害対策本部の立ち上げを宣言し、これまで通りの地域医療を継続しながら、新型コロナ感染患者の診療に、病院全体で立ち向かいたい、と考えております。
 
 患者さまに於かれましては、三つの密、すなわち、換気の悪い密閉空間を避け、大勢が集まる密集場所での集会に参加しない、間近での会話や人と密接に関わる場面を避けることで、新型コロナウィルスの集団発生を防ぐことができます。その上で、マスクを着用し、手洗いを励行、アルコールジェルで手指消毒をする、正しい感染予防法を取って頂きますよう、お願い致します。
 必要以上に恐れる必要はありません。感染が怖い人こそ、マスク、手洗い、アルコール手指消毒の励行をするように心がけていただきたいと思います。
 
 さて、緊急事態宣言は約1か月程度続く予定です。これにより、この新型コロナ感染がわずかでも収束に向かうことを祈りますが、治療法が確立するまではこの戦いは終わりません。
 この間に、順天堂練馬病院の医療機能が崩壊する、ということ絶対にありません。今まで通り、地域の皆さまの命と健康を守るために、当院の職員は全力で、皆さまに安心で安全な最新の医療を提供していくことをお約束いたします。
 
 昨日から1号館車寄せに、陰圧テントを設置し、ここでコロナ関係の患者さまの診療を行っています、また、入院患者の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、病棟デイルームを昼間の3時間、病院スタッフ専用に使わせていただいています。本日からは、病院1階のタリーズと、2階のレストランモアも休業いたします。タリーズ前は病棟デイルーム閉鎖の間は、入院家族のみなさま用の待機室に使用させていただきます。レストランモアは、災害対策本部、感染対策本部として使用して参ります。
 
 今後、入院治療に関しましては、外科系手術や心臓血管造影や内視鏡検査なども延期や中止など、ある程度の制限をさせていただき、医療者の感染防禦のために必要な装備を、コロナ診療に優先的に使用して参りたいと思います。
 
 外来診療に関しましても、早急に電話での処方やメールでの予約変更や、電話での再診ができるように、準備を進めて参ります。今後、医療スタッフの負担が大きくなって参りますので、病状の落ち着いている患者さまには、当分の間、お近くのかかりつけの先生のところでの、診察やお薬を出していただきますようお願い申し上げます。
 
 今後は、随時、病院ホームページや、院内の掲示板などで、情報を開示して参ります。
 
 新型コロナウィルスとの長く苦しい戦いが続きますが、必ずや私たちはこれを乗り越えて参ります。
 皆さまも重ねて感染予防にご注意いただき、よろしくご理解、ご協力の程、お願い申し上げます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
 
院長 児島邦明     
 
         2020年4月8日         

前のページに戻る