Johns Hopkins Universityとの共同研究

HopkinsUniv

当研究センター開設時より、米国メリーランド州ボルチモアに本部を置く、ジョンズ・ホプキンズ大学と共同研究をしています。
常時1名を派遣し、現地で共同研究を推進しており、研究交流を図るため、毎年、ジョンズ・ホプキンズ大学および当センターにて、研究発表会を実施しています。
169共同研究課題:災害時ストレスによるエピジェネティック変化が肺疾患、心疾患に及ぼす影響に関する検討
共同研究者のみなさん

member

左から 伊藤 智彰先生(順天堂大学外科、2018年Hopkins大留学)、Malcolm Brock教授(Hopkins大学)、Kathleen Gabrielson准教授(Hopkins大学)、折田 創 准教授(順天堂大学外科)

令和元年(2019年)8月 研究交流

ウェルカムパーティ

20190805_meeting

この1年間の研究成果を主要メンバーから報告
ランチミーティング

20190806_Meeting1

災害医学研究の5年間の成果、今後について検討
キャンパスにて

20190807_Meeting4

共同研究について情報交換

Hopkins大学の国際外科カンファレンス(11月開催)参加についてミーティング

共同研究の発表について検討
・ストレスによる消化管機能異常について
・日本に多く米国で少ない胃がんについて

20190807_Meeting

Malcolm Brock教授、Mark Duncan准教授、Fabin Johnston准教授、
折田 創 准教授(順天堂大学外科)

災害医学研究についてのアドバイスを頂き、
新しい研究テーマなどを検討

20190809_Meeting6

Edward Gabrielson教授
今後の共同研究について検討会

20190809_Meeting7

Malcolm Brock教授、ラボの研究員たちと
Kathleen Gabrielson准教授のラボ視察

20190808_Meeting5

Kathleen Gabrielson准教授たちと

平成29年(2017年)8月 研究交流

IMG_7036[1]

ジョンズ・ホプキンズ大学 研究室にて

Kathleen Gabrileson准教授 と 折田准教授とで直接Mouseの結果を見ながらDiscussion中
研究室のみなさんとディスカッション

laboratory

201708_movie

平成29年度 紀要テーマ
  • 災害時ストレスに関与する11βHSD2のメチル化ががんに及ぼす影響に関する検討
  • 妊娠期ストレスによる子孫への影響-動脈硬化、肺腫瘍発症の検討

平成28年(2016年)8月 研究交流

01386-2

本会議の様子
 
伊藤先生から現在までの現地での研究状況を説明。
折田先生から今後のスケジュールについて説明。

01400

実験視察

超音波を使って、マウスが妊娠したかどうかを確認。

IMG_6015_1

研究室にて

妊娠したマウスにストレスを与えることで、災害時と同じ環境にて飼育。
生まれてきたマウスが、動脈硬化になりやすい、肺癌になりやすいという結果を取得。
Hopkins大学のみなさんとホームパーティ

party