濱田 千江子

濱田 千江子
(Chieko HAMADA)
教授
濱田 千江子
主要担当科目臨床医学、臨床栄養学、医療の歴史
専門分野腎臓内科
研究テーマ慢性腎臓病(末期腎不全・透析療法)の管理
腹膜透析管理、腹膜線維症の組織診断
遠隔診療、セルフヘルスマネジメント
所属学会・研究会日本内科学会、日本透析医学会、日本成人病(生活習慣病)学会、
日本腎臓学会、日本腹膜透析学会、国際腹膜透析学会、国際腎臓学会
取得学位医学博士(乙種)

学生へのメッセージ

順天堂医院では、腎・高血圧内科で透析患者さんの治療にあたっていました。
慢性疾患を抱える患者さんは、生涯にわたる生活管理が大きなストレスとなっています。日常診療を行っていて、「このストレスを少しでも軽くするにはどうしたらよいだろうか?」と思っていました。
また、長く会社の産業医を行っている経験の中から、①まずは病気にならない②病気を診るだけでなく、患者さん全体(一生)をイメージして看ることに関心を持ちました。現在、①に対して健康なうちから自分の健康は自分でマネジメントするセルフヘルスケアのアプリを開発し、会社などで試験的に行っています。また、慢性疾患患者への過度な安静による運動器機能の低下(フレイルやロコモティブ症候群)の調査や介入を研究しています。これらの領域は、保健師さんや看護師さんが主役の領域です。病気になる前の予防医学(セルフヘルスケア)やテレメディスン(遠隔での健康管理・指導)に興味を持っている人はぜひコンタクトしてください。
専門領域の透析療法では、腹膜透析患者の腹膜線維症の組織・画像診断を新規診断機器開発とともに、研究を行っています。AIに興味のある人は一緒に研究してみませんか?
保健看護学部のキャンパスで、看護師・保健師としての生涯に続く興味の種を見つけていただきたいと思います。

最近の研究と活動

主な社会活動

  • 高砂熱学工業、J.フロント リテイリング株式会社でeケア(遠隔セルフヘルスケア)アプリの試験的運用
  • J.フロント リテーリング株式会社での健康管理を紹介 さんぽ会2019年6月15日
  • 地域包括ケアの多様化~産官学協働の可能性~2019年2月5日@名古屋
  • 東郷健康寿命延伸協議会 協議会実施メンバーとして遠隔セルフヘルスケア実施
  • かしこい健康診断の受け方~健康診断はあなたの健康の未来予想図です…~ 季美の森健康講座2018年3月24日@千葉、季美の森

著書・テキスト

  1. 濱田 千江子.【腹膜透析(PD)の未来】 腹膜硬化症.日本透析医学会雑誌(1340-3451)50巻11号 Page711-717,2017
  2. 水政 透, 本田 一穂, 青木 茂久, 濱田 千江子, 宮崎 正信, 伊藤 恭彦, 丹野 有道, 鶴屋 和彦, 中山 昌明, 日本腹膜透析医学会腹膜病理検討委員会.安全で評価に適した腹膜検体採取法の提案.日本透析医学会雑誌(1340-3451)51巻1号 Page77-86,2018
  3. 濱田 千江子.【創造する透析医療-新たなmodalityへの期待と課題】中性化した後発イコデキストリン含有腹膜透析液「ニコペリック腹膜透析液」は安全で有用か? 臨床試験の欠落への危惧(解説/特集).臨床透析33巻6号 Page646(2017.06)
  4. 濱田 千江子.【腹膜透析患者のキュア&ケアのレベルアップ】 透析液交換のデバイスシステム.臨床透析34巻13号 Page1541-1546,2018
  5. 濱田 千江子、阿部 雅紀, 宇賀神 ゆかり, 浦田 元樹, 柴田 みち:透析医療をささえる人びと 糖尿病との上手な付き合いかた 専門家からのコツ(座談会) .腎不全を生きる 57巻 Page4-15(2018.03) 
  6. 濱田 千江子:エキスパートのための腎臓内科学;慢性腎不全.富野康日己 編著、中外医学社、東京、372-380、2009
  7. 濱田 千江子:専門医のための腎臓病学;維持血液透析.下条文武 監修.医学書院、東京、219-225、2009
  8. 濱田 千江子:今日の治療指針-私はこうして治療している-;腎盂腎炎(急性・慢性).山口徹、北原光夫、福井次矢 総編集.医学書院、東京、547、2011
  9. 濱田 千江子:EBM腎臓の治療;慢性腎不全における代謝性アシドーシスの治療はそのようにおこうのでしょうか? 富野康日己 監修.中外医学社、東京333-337、2011
  10. 濱田 千江子:【これだけは知っておきたい透析ナーシングQ&A(第2版)】 血液透析の実際 応用編 腹膜透析に血液透析を併用しても問題ありませんか? ナーシングケアQ&A(1349-0869)43号 Page114-115.2012

学術論文等

  1. Hamada C, Nakamoto H, Suzuki Y. Morphologic characteristics of macroscopic peritoneal finding in patients with peritoneal dialysis. J Artif Organs. J Artif Organs. 2018 Mar;21(1):102-109.
  2. Taga Y, Tanaka K, Hamada C, Kusubata M, Ogawa-Goto K, Hattori S. Hydroxyhomocitrulline Is a Collagen-Specific Carbamylation Mark that Affects Cross-link Formation. Cell Chem Biol. 2017 Oct 19;24(10):1276-1284 
  3. Hara K, Hamada C, Wakabayashi K, Kanda R, Kaneko K, Horikoshi S, Tomino Y, Suzuki Y. Scavenging of reactive oxygen species by astaxanthin inhibits epithelial-mesenchymal transition in high glucose-stimulated mesothelial cells. PLoS One. 2017 Sep 19;12(9):e0184332
  4. Kazuho Honda, Chieko Hamada, Kunio Kawanishi, Masaaki Nakayama, Masanobu Miyazaki, Yasuhiko Ito and on behalf of the Peritoneal Pathology Study Committee of Japanese Society of Peritoneal Dialysis (JSPD). Significance of new membrane formation in peritoneal biopsies of peritoneal dialysis patients: a case–control study. Renal Replacement Therapy (2017) 3:33 DOI 10.1186/s41100-017-0115-x

研究発表

  1. 濱田千江子、中田純一郎、野原奈緒、清水有希、鈴木祐介.中性透析液の腹膜組織傷害低減効果についてー肉眼的所見での検討―.第56回日本人工臓器学会大会.2018年11月1日―3日.ヒルトン東京お台場.東京
  2. 濱田千江子、中田純一郎、野原奈緒、清水有希、鈴木祐介.中性透析液の腹膜組織傷害低減効果について―肉眼的所見での検討―.第24回日本腹膜透析学会総会.2018年10月5日―7日.徳島
  3. 濱田千江子.極細内視鏡の開発~PDカテーテルからの腹腔内をのぞく~.ワークショップ2「腹膜透析研究の進歩と将来」.第63回日本透析医学会学術集会・総会.2018年6月29日―7月1日.神戸国際会議場
  4. 濱田千江子、鈴木祐介.中性透析液使用腹膜透析患者におけるHybrid療法の腹膜組織障害低減効果の病理学的検討.第61回日本腎臓学会学術総会.2018年6月8日―10日。新潟朱鷺メッセ/ホテル日航新潟
  5. 濱田千江子.腹膜組織障害のサロゲートマーカーを求めて. 腹膜病理検討会.2017年10月8日第23回日本腹膜透析学会.、北九州国際会議場

研究助成等

  • 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C):移植脂肪幹細胞の傷害腹膜における再生誘導機序の解明
  • 日本透析医会公募研究助成:リストバンド型加速度センサー付ライフログレコーダを使った透析患者の身体活動の評価
  • 学長特別共同プロジェクト研究:リハビリロボット(バランスアシスト ® )による血液透析患者の生活活動性向上効果の検討
  • 中外研究助成:メンタル疾患を有する慢性腎臓病(CKD)患者の進展要因の解明と予防への臨床アプローチ
TOP