小池 道明

小池 道明
(Michiaki KOIKE)
学部長・教授
主要担当科目臨床医学、教養ゼミナール
専門分野臨床医学(血液学)
研究テーマ血液学の臨床
癌抑制遺伝子の変異
分化誘導療法
血液疾患における免疫療法
Anginimmunoblastic T cell lymphomaにおける免疫異常
所属学会・研究会日本内科学会、日本血液学会、日本造血細胞移植学会、
日本網内系学会、日本骨髄腫学会、日本血栓止血学会、日本輸血細胞治療学会
最終取得学位博士(医学)昭和大学 1997

最近の研究と活動

主な社会活動

  • 日本血液学会評議員・指導医
  • 日本血液学会東海地方会評議員
  • 日本輸血・細胞治療学会東海支部評議員
  • 静岡県エイズ対策推進委員会委員

著書・テキスト等

  • 小池道明:血球貪食症候群,リウマチ・膠原病内科pp278-284,2013
  • 深井隆太,小池道明:胸腺 Hodgkin 病,胸腺腫瘍 日本臨床 日本臨床社pp414,415,2009
  • 小池道明:免疫抑制薬 シクロスポリン,基本治療薬115使い方と禁忌 中外医学社pp319-324,2007
  • 小池道明:貴方も名医,クリニックマガジンpp34:54-57,2007
  • 小池道明,石山泰二郎:好酸球の機能と臨床,日本臨床 日本臨床社pp51:243-248,1998
  • 小池道明,友安茂:特発性好酸球増加症候群,日本臨床 血液症候群Ⅱ 日本臨床社pp119-122,1998
  • 小池道明,友安茂:好酸球性胃腸炎,日本臨床 血液症候群Ⅱ 日本臨床社pp130-133,1998

学術論文等

  • Edahiro Y, Koike M.他 8 名、Komatsu N:A pilot study examine the efficacy of hochuekkito for quality of life in patients with myeloproliferative neoplasms.,Jpn J Clan Oncol,2022
  • ​Misawa K, 他 7 名,Koike M:Exacerbation of adult T-cell leukemia following PD-1 Blockade thrapy for lung cancer.,Internal Medicine,2022
  • Hashimoto Y, 他 3 名, Koike M, Komatsu N.:Clinical characteristics prognosis factor and outcomes of patients with essential thromocythemia in Japan: the JSH-MPN-R18 study.,Int J Hematol115:208-221,2021
  • ​Iizuka H, 他 3 名, Koike M, Noguchi M.:Two autopsy cases of pulmonary leukemic infiltration mimicking severe pneumonia in patients with acute myeloid leukemia.,Leukemia Research reports16:100268,2021
  • ​Iizuka H, 他 2 名, Koike M, Noguchi M.:Primary skeletal muscle peripheral T cell lymphoma: an autopsy case report and review of the literature.,Internal Medicine60:3309-3315,2021
  • Iizuka H, 他 2 名, Koike M, Noguchi M.:Hemophagocytic lymphohistiocytosis associated with Epstein-Barr virus-positive diffuse large B cell lymphoma. Nos of bone mrrow-liver-spleen-type. An autopsy case report.,Journal of Clinical and Experimental Hematopathology61:102-108,2021
  • Mori T, 他 3 名, Koike M, Komatsu N.:Acquired factor VIII inhibitor in a Patient of rheumatoid arthritis on tumor necrosis factor inhibitor therapy.,Indian J Hematol Blood Transfuse35:192-193,2019
  • Takaku T, 他 8 名, Koike M, Komatsu N.:Clinical efficacy and safty of first-line Dasatinib therapy and the relevance of verbosity of bcr-abl 1 transcript decline for achievement of molecular responses in newly diagnosed chronic-phase chronic myeloid leukemia.,Oncology94:85-91,2018
  • Kanakura Y, 他 4 名, koike M, Nakaseko C.:A phase 3b,multicenter,openlabel extension study of the long-term safety of anagrelide in Japanese adults with essential thrombocythemia.,Int J Hematol108:491-498,2018
  • Watanabe N, 他 7 名, Koike M, Komatsu N.:Dasatinib-induced anti-leukemia celluar immunity through a novel subset of CD57 positive helper/cytotoxic CD4T cells in chronic myelogenous lukemia patienta.,Int J Hematol108:588-599,2018
  • ​Morschhauser F, その他, Koike M.:Rituximab plus lenalidomide in advanced untreated follicular lymphoma. Trial investigators.,N Eng J Med379:934-947,2018
  • Watanabe N, Koike M.:Retropenitoneral relapse in an elderly patient with multiple myeloma during pomalidomide and dexamethasone treatment.,Geriatrics & Gerontology International16:977-979,2018
  • Saito A, 他 18 名, koike M, Tsukamoto M.:Retrospective analysis of prognostic factor for Waldenstrome Macroglobulinemia:a multicenter cooperative study in Japan.,Int J Hematol106:681-690,2017
  • Sunami Y, 他 3 名, koike M.:Safe and effecyive induction with CHASER for primary testicular lymphoma with central nervous system involvement.,Int J Clin Exp Med9:18645-18649,2016
  • Ichikawa K, 他 4 名, Koike M.:Co-occurrence of hyperleukocytosis and elevated fibrin-Fiburinogen degradation product levels is a risk for early intracranial hemorhage in patients with denovo acute leukemia.,Int J Hematol104:612-620,2016
  • ​Tsukune Y, Sasaki, Koike M, Komatsu N.:Incidence and clinical background of hepatitis B virus reactivation in multiple myeloma in novel agent`s era.,Ann Hematol95:1465-1472,2016
  • ​Edahiro Y, 他 3 名, Koike M, Komatsu N.:Successful perioperative management of Factor XI deficiency with administration of free-frozen plasma in a subdural.,Geriatrics & Gerotology International16:143-144,2016
  • ​Ichikawa K, 他 3 名, Koike M.:Transient elastgraphy-derived liver stiffness measurments were Found to be useful for prediciting liver Infiltration in a case of mature T-cell neoplasma involving liver dysfunction.,Int J Clin Exp Pathol8:7559-7564,2015
  • Fujimaki M, 他 5 名, Koike M, Okuma Y.:Lymphomatoid granulomatosis with central nervous system involvement successfully treated with cyclophosphamide, high-dose cytarabine, dexamethasone, etoposide, and rituximab(CHASER therapy) followed by brain irradiation: A case study.,CNS Neurosci Ther21:610-612,2015
  • Shirane S, 他 8 名, Koike M, Komatsu N.:Consequences of the AK2V617F allele for the prediction of transformation into Myelofibrosis from Polythythemia vera and essential thrombocythemia.,Int J Hematol101:148-153,2014
  • Shirane S, 他 10 名, Koike M, Komatsu N.:JAK2, CALR, and MPL mutation spectrum in Japanese myeloproliferative neoplasms patients.,Hematologica100:E46-8,2015
  • Koike M, Masuda A, Ichikawa K, Shigemitsu A, Komatsu N.:Plasmablastic lymphoma of the duodenal and jejunum.,Int J Clin Exp Pathol15:4479-4483,2014
  • ​Ichikawa K, 他 8 名, Koike M, Komatsu N.:Rituximab plus a CHOP-like regimen, central nervous system prophlaxis, and contralateral testicular irradiation for localized primary testicular diffuse large-B-cell lymphoma lesd to prolonged progression-free survival.:Int J Hematol100:370-376,2014
  • Edahiro Y, Koike M, Komatsu N.:JAK2V617F mutation status and allele burden in classical Ph-negative
    myeloproliferative neoplasmas in Japan.,Int J Hematol99:625-634,2014
  • 山田敦子,杉元啓二,松野圭,筒井深雪,八幡悠里子,築根豊,小池道明,小松則夫:胸膜原発MALTリンパ腫,臨床血液64:463-467,2013
  • 筒井深雪,小池道明,小松則夫:寛解導入療法中にL-アスパラギナーゼによると思われる劇症肝炎を併発した急性リンパ性白血病,臨床血液53:531-534,2012
  • 小池道明,杉元啓二,筒井深雪,八幡悠里子:リツキシマブが著効したIgM-monoclonal gammopathy of undetermined significance  (MGUS) ニューロパチーの2症例,臨床血液53:450-454,2012
  • 山田貴彦,塩月寛美,平野一興,大熊泰之,小池道明:髄膜刺激徴候を呈したデング熱に1例,内科109:543-546,2012
  • 小池道明,杉元啓二:化学療法にサイトメガロウイルス網膜炎を発症したAngioimmunoblastic T-cell lymphoma (AITL),内科108:355-357,2011
  • 猪俣武範,武田淳史,本田理峰,松井麻紀,土牟田宏,太田俊彦,小池道明,矢田清身,村上晶:ガンシクロビルの点滴と点眼が奏功したサイトメガロウイルス角膜内日皮炎の1例,臨床眼科65:875-879,2011
  • 牛木真理子,小池道明,秋山俊洋,渡辺慧,小安洋輝,三橋大輝,岡和田祥子,山崎晋,渡邉敬夫,祖父江省吾,伊藤直人,杉元啓二:大動脈弓部人工血管置換術後に腹直筋血腫および骨盤内血腫を併発した後天性血友病,臨床血液52:8-13,2011
  • 内田隆行,杉元啓二,小池道明:Hodgkin lymphomaと濾胞性リンパ腫のcomposite lymphoma,臨床血液50:83-86,2009
  • 工藤杏子,園田正雄,杉元啓二,小池道明:生体腎移植11年目に出現した下腿皮膚非ホジキンリンパ腫,臨床血液50:1007-109,2009

研究発表

(直近5年)
  • 田中翔子、他 5 名、小池道明:ニューモシスティス肺炎を併発しruxolitinib を中断することなく治療できた骨髄線維症 第83回日本血液学会学術集会 2021年9月21日(京都)
  • 福田泰隆、他 7 名、小池道明:重症貧血を合併した血管免疫芽球性T 細胞性リンパ腫 第83回日本血液学会学術集会 2021年9月21日(京都)
  • 細谷英里奈、他5名、小池道明:高安動脈炎、心筋心膜炎を合併した急性骨髄性白血病 第10回日本血液学会東海地方会 2021年4月25日(名古屋)
  • 三澤恭平、他 3 名、小池道明:当院における高齢者白血病の特徴 第82回日本血液学会学術集会 2020年10月9日(京都)
  • 細谷英里奈、他 5 名、小池道明:アザシチジンが著効し輸血依存を離脱した急性白血病 第82回日本血液学会学術集会 2020年10月9日(京都)
  • 藤岡功、他 2 名、小池道明:リンパ節腫大、汎血球減少で発症し診断に苦慮したCD20 陰性 EBER陽性び慢性大細胞型 B 細胞リンパ腫 第9回日本血液学会東海地方会 2020年4月19日(名古屋)
  • 吉田晃、他 4 名、小池道明:著明な血小板減少で来院し、抗血小板抗体 、 Coombs試験陽性、抗好中球抗体が陽性であった ITP, AIN の1例 第239回日本内科学会東海地方会 2019年10月16日(名古屋)
  • ​三澤恭平、他 3 名、小池道明:非小細胞肺がんに対するニボルマブ加療後に発症したATL の一例 第81回日本血液学会学術集会 2019年10月11日(東京)
  • 松田紘佳、他 4 名、小池道明:形態学的に診断が困難であったAML(M3) variantの症例 第8回日本血液学会東海地方会 2019年6月30日(名古屋)
  • 飯塚弘子、他 5 名、小池道明:Extramedually multifocal plasmablastic plasmacytoma in a patient with refractoy multiple myeloma. 第59回日本リンパ網内系学会総会 2019年6月27日(出雲市)
  • 飯塚弘子、他 5 名、小池道明:Two autopsy cases of leukemic pulmonary infiltrates mimiking severe pneumonia in patients with acute leulemia. 第59回日本リンパ網内系学会総会 2019年6月27日(出雲市)
  • 落合友則、他3 名、小池道明:内視鏡下胃瘻増設術を契機に自己免疫性第 V 因子欠乏症を発症した大脳皮質基底核変性症 第41回日本血栓止血学会 2019年6月22日(津)
  • ​今田春子、他 4 名、小池道明:大災害時の輸血療法(静岡県におけるアンケート調査結果を踏まえて) 第67回日本輸血・細胞治療学会 2019年5月25日(熊本)
  • 小池道明:当院におけるCML治療 第24回静岡県血液疾患研究会 2018年11月9日(静岡)
  • 小池道明:WHO 分類 2016 改訂版を用いて分類した MDS 症例の2017 年における単施設での検討 第80回日本血液学会学術集会 2018年10月12日(大阪)
  • 小池道明:静岡県における大災害時の輸血療法に関するアンケート調査結果 第70回日本輸血・細胞治療学会東海支部例会 2018年2月17日(名古屋)
  • 森智代、他 3 名、小池道明:出血を繰り返し免疫抑制剤の併用療法が奏功した高インヒビター価の後天性血友病 A 第233回日本内科学会東海地方会 2017年10月29日(岐阜市)
  • 板垣充弘、他 10 名、小池道明:ワルデンシュトルームマクログロブリン血症に関する多施設共同後方視的研究 第79回日本血液学会学術総会 2017年10月21日(東京)
  • 野口雅章、他8名、小池道明:骨髄増殖性腫瘍症及び健常者を対象にした新規JAK2V617F変異量測定キットの臨床性能試験 第79回日本血液学会学術総会 2017年10月21日(東京)
  • 土屋明実、岩尾憲明、小池道明:当院における新鮮凍結血漿(FFP)の適正使用に向けた取り組み 第65回日本輸血・細胞治療学会 2017年6月23日
  • 小池道明:Hemodialysis patients with MDS At our institute 第14回国際MDS学会 2017年5月3日(バレンシア スペイン)

研究助成等

  • 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 研究代表者「静岡県における大規模災害時の輸血療法に関する検討」2015年度
TOP