髙野 幸子

髙野 幸子
(Sachiko TAKANO)
講師
教員紹介
主要担当科目精神看護方法論Ⅰ・Ⅱ 精神看護学実習
専門分野精神看護学、看護教育
研究テーマコミュニケーション
攻撃性
レジリエンス
看護実践能力
所属学会・研究会日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、
日本精神保健看護学会、日本看護診断学会、日本カウンセリング学会、
日本看護歴史学会、ヒューマンケア研究学会、日本医学看護学教育学会
取得学位修士(カウンセリング学)筑波大学

最近の研究と活動

著書・テキスト等

  • 髙野幸子分担執筆/上島国利,渡辺雅幸,榊惠子編著:ナースの精神医学改訂第5版 361-365,中外医学社,2019

学術論文等

  • 髙野幸子:看護学生が臨地実習で実践する望ましい看護行動,日本医療科学大学研究紀要14号p5-13,2021
  • 髙野幸子,富島大樹,藤生英行:軽快退院した成人・高齢者が捉えた望ましい看護行動に関する質的研究,教育相談研究55号p29-34,2018
  • 髙野幸子:看護学生の望ましい看護行動に関する研究,修士論文,2017
  • 高野幸子,佐藤みつ子,中澤明美:看護学生が語る『寄り添う看護』,東京都立看護専門学校紀要第3巻第1号p11-20,2015
  • 金井律子,髙野幸子,大野朝子,石井紀子:看護学生のインシデント体験-今後の指導にむけて-,東京都保健医療学会誌19(2)p13-17,2002
  • 高野幸子,橋爪亜妃,加藤由美,大串千鶴,伊佐猛,小原優子,西沢学,幸地洋子,玉浦辰巳,井出修一,小林やゑ子,依存症患者と健常者の味覚の差,第30回日本看護学会成人Ⅱp113-115,1999

研究発表等

  • 高野幸子(招聘講師),安保敏枝:レジリエンス障害の理論と方法(招聘講演),第25回日本看護診断学会学術大会(名古屋),2019
  • Keiko Sakaki,Kayo Kitahara,Sachiko Takano:Utilization of teacher’ life history to support students psychiatric field experiences,22th East Asian Forum of Nursing Scholors,2019.1.17(Havelock Road, Singapore),2019
  • 髙野幸子,藤生英行:看護学生が臨地実習で実践する看護行動,看護学生が臨地実習で実践する看護行動,日本カウンセリング学会第52回大会,2019年8月18日(北海道),2019
  • 髙野幸子:精神証学者に対する学生のイメージに関する文献検討,第368回昭和大学学士会例会(神奈川),2019
  • 髙野幸子,榊恵子:精神看護学の独立を振り返り見えてきたもの-平成2年(1990年)精神保健から平成9年(1997年)精神看護学設置に焦点をあてて-,日本看護歴史学会第32回学術集会(広島),2018
  • 髙野幸子,藤生英行:患者が捉えた「望ましい看護行動」に関する研究,第50回日本カウンセリング学会記念大会(東京),2017
  • 髙野幸子,佐藤みつ子,中澤明美:看護学生が語る「寄り添う看護」,第45回日本看護学会 看護教,2014
  • 髙野幸子,谷田部幸子:「精神看護学実習で意欲や気力の減退を呈する統合失調症患者とのコミュニケーションの体験-看護学生が感じる困難さと戸惑い-」,第23回日本医学看護学教育学会学術集会,2013
  • 髙野幸子,石井紀子,山﨑美春,加藤ユミ,石橋康江,柳本幹,寳迫佳代子,安保敏江,澤律子:「精神看護学におけるコミュニケーション演習-背景が多様である学生の社会的スキルと目標達成度の自己評価,第42回日本看護学会 精神看護,2011
  • 高野幸子,橋爪亜妃,加藤由美,大串千鶴,伊佐猛,小原優子,西沢学,幸地洋子,玉浦辰巳,井出修一,小林やゑ子:依存症患者と健常者の味覚の差,第30回日本看護学会 成人Ⅱ,1999
TOP