2016年3月3日 保健看護学部の人 隣地実習

心に寄り添える看護師になる。臨地実習を通して見つけた目標です。

心に寄り添える

【実習先】
順天堂大学医学部附属静岡病院 高齢者看護実習Ⅱ


実習生とはいえ、患者さんにとって私は一人の看護師。その責任の重さをしっかりと受け止め、日々現場での実習に臨んでいます。大切なのは、患者さんが今抱えている症状や問題をきちんと把握し、それに対して何が必要なのかを検討して、考えられる最善のケアを施すこと。そうやって懸命に向き合った患者さんが笑顔を見せてくれた時は、何よりも嬉しかったです。患者さんと深くかかわる経験をしたことで、「技術があるだけでなく、患者さん一人ひとりの心にきちんと寄り添うことができる看護師になりたい」と考えるようになりました。現場で働く看護師の姿を間近で見られたことも、将来を具体的に描くための助けになったと思います。

保健看護学部3年生(インタビュー時)
今回の「高齢者看護実習Ⅱ」では…

健康障害のある高齢者を受け持って、その特徴や症状を把握し、どんな問題があってどんなケアやフォローが必要なのかを考え、実践しています。例えば一人暮らしの高齢者の場合、退院後のお一人での生活に不安を抱かれることも少なくありません。退院した先の人生をいかにフォローしてあげられるかを考えることも、大切な課題の一つです。

前のページに戻る

TOP