2019年3月2日 学生活動TOPICS 地域連携

第20回公開講座「見逃せない股関節の病気」を開催いたしました。

3月2日(土)13:30から三島キャンパスで
順天堂大学医学部附属静岡病院との共催で公開講座『見逃せない股関節の病気』を開催いたしました。
平成最後の公開講座であった本講座は、順天堂保健看護学部公開講座最大ある約200名の来場がありました。

講演1の諸橋准教授(順天堂大学医学部附属静岡病院 整形外科)による「見逃されやすい股関節の病気と治療法」では股関節の疾患の種類やその治療法の他、静岡病院の理学療法士による股関節の病気にならないためのストレッチの実演が行われました。
講演2の桒子教授(順天堂大学保健看護学部)の「股関節の手術前と手術後の日常生活支援」では術前後で気を付けるべき点やケア方法などが解説されました。
実演時には参加者もその場でできるストレッチを行うなど、聴くだけでない体験型の講座となりました。

講演アンケートでは「わかりやすかった」「(内容が)役に立った」などの意見が多数で、大盛況の中終了しました。
ご来場の皆様、誠にありがとうございました。

3.2公開講座1

3.2公開講座5

3.2公開講座3

3.2公開講座4

3.2公開講座8

3.2公開講座6

3.2公開講座7

3.2公開講座9

前のページに戻る

TOP