2022年11月12日 学生活動TOPICS お知らせ

富士・箱根・伊豆 国際学会/2022 FHIXフォーラム

2022 FHIXフォーラム


11月12日(土)にプラサヴェルデ(沼津市)で開催された富士・箱根・伊豆 国際学会による「2022 FHIXフォーラム」に本学部から4年生を中心とした学生グループと山本哲子 先生がポスター研究発表に参加しました。

ポスター研究発表では、日頃の学習内容に基づく介護用ロボット・AI技術のほか、今夏実施されたウズベキスタンでの海外研修報告などの国際交流のテーマについて、それぞれ2分間の口頭発表の後、参加された方々との質疑応答が行われました。参加した学生にとって看護系分野以外の方々からの質疑や、県内高校・大学等による研究発表は、調査研究の理解を深める機会となりました。

2022 FHIXフォーラム

【ポスター研究発表/一般の部】※発表順

  • 日本で導入されている介護用ロボット・AIについて/順天堂大学保健看護学部
  • 「やさしい日本語(看護師編)」セッションでの外国人とのコミュニケーションーアンケートにあらわれた参加学生の気付きー/順天堂大学保健看護学部 山本哲子 先生
  • ウズベキスタンでの海外研修/順天堂大学保健看護学部
  • 日本列島の古代人の体内に存在した古代微生物解析/総合研究大学院大学
  • 日本人10,000症例のがんゲノム解析「プロジェクトHOPE」/静岡がんセンター
  • 空中写真を用いた機械学習による管理・非管理茶園の抽出/沼津工業高等専門学校
  • 富士山で学ぶ火山防災教育の実践/沼津工業高等専門学校
  • 安全性や環境負荷を意識した農業活動/常葉大学社会環境学部・三井ゼミ

前のページに戻る

TOP