順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス

陸上競技部

2021陸上競技部集合写真

29回のインカレ優勝&11回の箱根駅伝優勝!
最大の目標は、関東IC、日本IC、箱根駅伝総合優勝! 真の王者を目指し、より強い集団になるために一人ひとりが日々精進しています。

お知らせ

*上記以前の「お知らせ」はこちらをご覧ください。

戦績報告

陸上競技部

2022年度戦績

陸上競技部

2021年度戦績

陸上競技部

2020年度戦績

陸上競技部

2019年度戦績

陸上競技部

平成30年度戦績

*上記以前の戦績はこちらをご覧ください。

活動TOPICS

陸上競技部プロフィール

部員数

男子210名、女子104名(2022年5月1日現在)

主な戦績(2021年度)

第100回関東IC 男子1部優勝/ 第90回日本IC 男子1部優勝

目標ならびに抱負

順天堂大学陸上競技部最大の目標は、オリンピックを初めとする世界大会に日本代表選手を1人でも多く輩出することである。昨年開催された東京オリンピックにおいて、本陸上競技部から2名の選手が日本代表として出場し、部や学校のみならず日本国民に大きな感動と勇気を与えた。本年度も本陸上競技部の選手・指導者が日本を代表して日本を盛り上げる存在でありたいと思う。
対校戦である関東インカレ、全日本インカレ、学生3大駅伝では総合優勝を達成する。昨年は関東インカレ、全日本インカレで共に総合優勝し、箱根駅伝では総合2位と15年振りのトップ3入りを果たした。本陸上競技部は全日本インカレにおいて過去29回の総合優勝を果たしており、節目の30回目を今年達成する。また、学生3大駅伝三冠を目指し、箱根駅伝では16年振りの総合優勝を達成する。
まだまだ終わりが見えないコロナ禍において競技させていただくことの感謝を忘れずに順天堂のプライド・責任・伝統を引き継ぎ、強い順天堂へと復活の狼煙を上げるため、主要対校戦全てにおいて総合優勝を勝ち取り、2022の陸上シーンを席巻するべく、選手・スタッフの連携をより一層強化しながら部員全員で戦っていく。また、女子は昨年の成績を超えることを前提にチームの士気を高めていく。関東インカレでは3位以上、日本インカレでは8位入賞、駅伝ではシード権獲得を目指す。 
上記の目標に向かって、最上級生が一人一人自覚を持ち、チームの核となってチームづくりをしていく。そして、学年・男女・種目の隔たりを超えた関わりで切磋琢磨できる関係性を築いていく。伝統ある順天堂大学陸上競技部として、誇りと自覚を胸に、先輩方の想いを受け継いで今年もより一層飛躍できる年にする。