順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
ライフセービング部

ライフセービング部

2019ライフセービング部集合写真

「人を守る」ということをモットーに日々トレーニング
年間を通して技術と知識をレベルアップ。ライフセーバーとしての自覚と向上心が大切です。

お知らせ

戦績報告

ライフセービング部

平成30年度戦績

ライフセービング部

平成29年度戦績

ライフセービング部

平成28年度戦績

ライフセービング部

平成27年度戦績

ライフセービング部

平成26年度実績

活動TOPICS

ライフセービング部プロフィール

部員数

男子14名、女子15名 (平成30年5月1日 現在)

実績(2018年度)

第33回全日本学生ライフセービング選手権大会 男子出場・女子6位

目標ならびに抱負

10月から新たな代としてのライフセービング部がスタートしました。現在は1年生7人、2年生8人、3年生6人の計21人で活動しています。女子13人男子8人と例年と違い女子の方が多くなり男女共にお互い刺激しあい高めあい活動しています。
 ライフセービング部としての主な活動として夏期間中の海辺の無事故がまず一にあげられます。今年度も部員の所属浜全浜無事故というのを目標に活動していきます。それと共に競技面での目標も昨年の結果とチームの現状を踏まえ設定しました。男女別の目標と個人の目標を立てそれぞれが目標達成に向け活動しています。現在は2年生を中心にメニューを作り練習を行っています。また、部活動のある時だけでなく空いている時間を見つけ互いに声を掛け合い海や川に練習に行ったり、トレーニング室で筋力トレーニングを行ったりもしています。それぞれの体力、技術の向上はもちろんチーム力も上げ個々が順天堂大学ライフセービング部の一員として自覚を持って日々過ごしています。
 今までの歴代のOBOGさん方が築き上げてきてくださった伝統を引き継ぐと共に更なる部の発展に向け部員一同頑張っていきたいと思います。部長の廣津先生をはじめ砂場を貸してくださっている陸上部の皆さん、プールを使わせていただいている水泳部の皆さん、トライアスロン部の皆さん、多くの方の支えと理解があり活動出来ていることを感謝し今年度も活動させていただきます。よろしくお願い致します。