順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
蹴球部(男子)

蹴球部(男子)

2019蹴球部(男子)集合写真

サッカーで「日本一の組織」を目指す!
一人ひとりが自分自身と向き合い、人として成長しながら、蹴球部全員で結果を出していきたいと思います。目指すのは、「日本一の組織」です。勝利することを課題とし、何が重要で必要か常に考え、決断、行動できる人間を育てます。

お知らせ

戦績報告

蹴球部(男子)

平成30年度戦績

蹴球部(男子)

平成29年度戦績

蹴球部(男子)

平成28年度戦績

蹴球部(男子)

平成27年度戦績

蹴球部(男子)

平成26年度戦績

*上記以前の戦績はこちらをご覧ください。

活動TOPICS

蹴球部(男子)プロフィール

部員数

110名 (2019年5月1日 現在)

実績(2018年度)

第92回関東大学サッカーリーグ男子1部6位 / 第67回全日本大学サッカー選手権 ベスト4

目標ならびに抱負

昨年はチームのテーマを「チーム内の競争の激化」とし、チームの底上げを図りこれによる相乗効果によりタイトル獲得を目指してまいりました。結果は、第92回関東大学サッカーリーグ戦第6位、また第42回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントにはアミノバイタルカップ2018第7回関東大学サッカートーナメント大会において2回戦で敗れたため出場できませんでした。しかし、シーズン最初で最後の全国大会となった、第67回全日本大学サッカー選手権大会では3年連続ベスト8という壁を破り、3位となることができました。勿論、全員が3位という結果よりも、延長の末惜しくも敗れた準決勝での悔しさの方が強く鮮明に残っています。決してこの悔しさを忘れることはないものであり、忘れてはいけないものと感じています。新体制になり、メンバーが入れ替わっても、全国でのタイトルを獲得するという目標は変わりません。その為にも全員が置かれている立場、自分の立ち位置でそれぞれが、自分が成長する為に、またチームがより強くなる為に何ができるのか、1日1日をただ過ごすのではなく意識を高く持ち自分の課題と向き合い続けることがとても重要だということ、勿論、サッカーだけでなく学校や私生活での行動、態度も見つめ直すこともとても大切だと強く感じています。昨年達成することのできなかった、タイトルを獲得するという、決して簡単ではないこの目標を達成する為に全部員、スタッフが一丸となり目標達成のため努力してまいります。順天堂大学蹴球部に関わる全ての方々への感謝の気持ちを忘れず2019年も1年を通して頑張っていきます。何卒、変わらぬ御声援の程、宜しくお願い致します。