順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
学びの特長

健康学科

健康学科

健康学科3つのポイント

    「健康」を多面的に捉える
「身体的・精神的・社会的」健康に関する科学的な知識を修得し、人々の健康づくりと健康支援に必要な技能を育みます。

   進路に対応した資格取得を目指す
健康を核として、保健体育科教諭、特別支援学校教諭、養護教諭、精神保健福祉士、衛生管理者など、将来に沿った専門資格を取得できます。

   現場でアクティブに活躍できる力を養う
各種スポーツ団体等と連携し、生涯にわたる健康運動や障がい者スポーツの振興および指導の現場で、積極的に取り組むことのできる人材を育成します。

学科長のごあいさつ

健康の多様性に応える、スペシャリストに。

人々の「健康」には、こころと身体、そして人間関係など様々な環境が影響しています。本学科では、教育と保健の知識と技術を活かした「健康づくり」に取り組み、すべての人々が“健康”と“Well-being(幸福・福祉)”を獲得できる健康的な社会の実現を目指しています。スポーツや身体活動とともに、健康学を中心とした教育、福祉、医療、障害などの知見を幅広く学ぶのが特徴です。卒業後は、“健康のスペシャリスト”としての自覚と誇りを持ち、学校をはじめ行政や企業で活躍する人材の養成を主眼に置いています。

四方田清 教授

健康学科
学科長
四方田 清 教授

4年間の流れ&カリキュラム