順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
学びの特長

スポーツ科学科

スポーツ科学科

スポーツ科学科3つのポイント

    スポーツによる社会貢献を目指す
スポーツが持つ効果と可能性を理解し、得られた知見(教育や健康・体力づくりに適切な運動プログラムの開発など)を社会へ還元できる人材を育成します。

   医科学的知識・素養を身につける
医学部・病院と連携したスケールメリットを生かし、医科学的知識を身につけるとともに、スポーツパフォーマンスを正しく測定・分析できるようになります。

   トップアスリートを育成・サポートする
科学的なトレーニング理論と最新のトレーニング方法により、卒業後もスポーツの世界で活躍できる優秀な競技者と指導者を輩出します。

学生一人ひとりにあわせたコース選択が可能

現在のカリキュラムでは、2年次から「スポーツ医科学」と「コーチング科学」の2コースのいずれかを選択します。スポーツ医科学コースは自然科学をベースに、スポーツの実施に伴う生体の反応や運動技術の分析などについて学問的探求を試みるコースです。一方のコーチング 科学コースは、スポーツ医科学上の知見に基づいた科学的データを参考に、効率の良い技術や戦術分析などを通して実際の指導技術を身につけるコースです。両コースは「基礎」と「応用」、あるいは「理論」と「実践」とも表現できます。

学科長のごあいさつ

本学科では、より実践的で効果的な講義や実習を通して、最先端のスポーツ医科学的知識と現場で生かせる専門的なスポーツ技術やコーチング技術を学びます。1年次にはさまざまな切り口からスポーツ科学を幅広く学び、2年次からは「スポーツ医科学コース」「コーチング科学コース」に分かれて、より専門性の高い知識と技能を身につけていきます。スポーツが好きであることは大切ですが、必ずしも競技者である必要はありません。スポーツを題材にしながら、それぞれの立場からこれからの社会を生き抜くための知識と技術、考え方を獲得し、積極的に社会に貢献する人材の育成を目指します。

中村充 学科長

   スポーツ科学科
   学科長
   中村 充 教授