順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
准教授 深尾 宏祐

スポーツ医学(内科)

〔研究領域〕
スポーツと内科学
〔研究領域のキーワード〕
スポーツ医学、運動負荷、心肺機能、代謝、メディカルチェック
〔目標・方法・内容等〕
 スポーツを含めた身体活動によって生じた異常、特に内科的な病態・変化の発生要因について理解を深める。近年、生活習慣の変化によりメタボリックシンドローム症例が激増しており、生活習慣の改善への取り組みは、社会的に重要な課題であり、運動療法の重要性が高まってきている。また、マラソンやロードサイクリング人口が増加傾向であるが、スポーツによる突然死や後遺症を残すような障害の発生が後を絶たない。メディカルチェックをはじめとした予防医学の重要性は高いが、具体的な方策は確定しておらず、日本人を対象としたエビデンスはまだまだ少ない。
 アスリートまたは健常人を対象とし、スポーツによる身体への内科学的な影響を理解するために、心機能や呼吸機能、骨格筋、内分泌、代謝などを血液学的検査、生理学的検査、CTやMRIを用いた画像検査、アンケート調査等を用いて評価する。
 3年次には、文献を収集し、抄読することで保健科授業に必要な知識を学習する。1つのテーマを共同で調査研究し、模擬授業することでプレゼンテーション力も養う。また、希望に応じて関連病院での健康運動指導士や心臓リハビリテーション指導士の業務を実際に見学することで現場の雰囲気や今後の問題点について考える機会とする。その過程において、各自テーマを決め、4年次には中間発表会を経て発展させ、卒業論文を作成する。