順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
教授 廣津 信義

スポーツ数理科学(廣津)

〔研究領域〕
スポーツへの数理科学の応用
〔研究領域のキーワード〕
スポーツ、数理科学、数学、統計学、オペレーションズ・リサーチ、経営科学
〔目標・方法・内容等〕
 データサイエンスという言葉を聞く機会が増えましたが、ネット上でも大量のデータや映像が蓄積・配信されており、またデータ処理も容易になったことで、数理科学が現場に応用される機会が増えつつあります。本ゼミナールでは、スポーツ・競技について、戦術の最適化や、選手・チームの評価、試合形式・ルール・日程などを検討するため、数理科学を応用する研究を行います。コンピュータやネットワークなどの知見も活用しつつ、スポーツの現場でどのように役立てることができるか探求していきます。
 3年次は、ゼミ活動を通して、数学・統計学・情報・コンピュータに関する基礎知識を習得していくとともに、数理科学に関する研究論文を抄読し、研究方法への理解を深め、卒業論文のテーマを策定していきます。発表の機会を多く持つことで、プレゼンテーション能力を高めることにも留意しています。また、ゼミ生が協力しつつ主体的にゼミ活動を運営できるように指導しています。 
 4年次は、個別に卒業研究に取り組みます。各自が設定した目的に対して、数理科学の手法を用いて研究を遂行し、卒業論文として完成させるとともに、公開で卒業研究の発表会を行っています。