順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
助教 門屋 悠香

アスレティックトレーニング

〔研究領域〕
アスレティックトレーニング学
〔研究領域のキーワード〕
スポーツ傷害の予防、アスレティックリハビリテーション
〔目標・方法・内容等〕
 スポーツ活動は、幅広い年齢層において実施され、競技力向上や健康増進などその目的も様々ですが、スポー活動を効果的かつ安全に実施することは共通の課題です。アスレティックトレーナーのみならず、アスリート自身や指導者も含めたスポーツに関わる全ての者がそれぞれの立場から、起こりうるアクシデントを想定した、適切な備えと対応が望まれます。
 本ゼミナールでは、スポーツ傷害について、「予防」や受傷後の「スポーツ復帰」といった観点から学ぶとともに、スポーツ現場での応用や実践方法について理解を深めることを目標としています。
 3年時には、アスレティックトレーニング学の基盤となる、スポーツ医科学的知識の復習や、様々な研究論文について討論するなかで、卒業論文のテーマを考えます。4年時から各自のテーマに応じた研究活動を行い、卒業論文を作成します。